Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年下半期】Ryzen5 3600の性能をベンチマーク!9400Fとは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

第4世代の登場で、第3世代Ryzenも旧世代になりました。

時代の流れが早いw

そんな年を感じてしまうこまたろですが、

安さではまだまだ妙味のあるRyzen5 3600のゲーミング性能や基本性能をベンチマークしました!

Ryzen5 3600の特徴とは?

Ryzen5 3600は(6コア12スレッド)はコンシューマー向けで、

第3世代RyzenとしてはミドルクラスのCPUとなります。

CPU Core™ i7-10700K Core™ i7-9700KF Core™ i5-10600K Core™ i5-10600 Core™ i5-9600KF Core™ i5-10400 Core™ i5-10400F Core™ i5-9400F Ryzen™ 7 3700X Ryzen™ 5 5600X Ryzen™ 5 3600XT Ryzen™ 5 3600X Ryzen™ 5 3600 Ryzen™ 5 3500
世代 第10世代 第9世代 第10世代 第10世代 第9世代 第10世代 第10世代 第9世代 1世代前 最新世代 1世代前 1世代前 1世代前 最新世代
コア数 8 8 6 6 6 6 6 6 8 6 6 6 6 6
スレッド数 16 8 12 12 6 12 12 6 16 12 12 12 12 6
ベース周波数 3.80 GHz 3.60 GHz 4.10 GHz 2.90 GHz 3.70 GHz 2.90 GHz 2.90 GHz 2.90 GHz 3.60GHz 3.70GHz 3.80GHz 3.80GHz 3.60GHz 3.60GHz
ターボ・ブースト 5.10 GHz 4.90 GHz 4.80 GHz 4.30 GHz 4.60 GHz 4.30 GHz 4.30 GHz 4.10 GHz 4.40GHz 4.60 GHz 4.50GHz 4.40GHz 4.20GHz 4.10GHz
(L3)キャッシュ 16MB 12 MB 12 MB 12 MB 9 MB 12 MB 12 MB 9 MB 32MB 32MB 32MB 32MB 32MB 16MB
メモリーの種類 DDR4-2933 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200
内蔵グラフィック UHD630 - UHD630 UHD630 - UHD630 - - - - - - - -
TDP 125W 95 W 125W 65 W 95 W 65W 65W 65W 65W 65W 95W 95W 65W 65W
小売り価格 42,980円 36,980円 30,528円 27,000円 21,740円 20,770円 18,280円 15,980円 39,280円 39,380円 30,980円 29,580円 24,800円 16,147円

前世代のRyzen5 2600とはコアスレッド数の変化はないものの、

変更点として代表的なところとして、

  • ベース&ブーストクロックの向上
  • メモリ周波数の最大値向上
  • PCI-Express Gen4対応(ただし旧世代マザボでは使用不可)
  • キャッシュメモリの倍増

といったものがあげられます。

そもそも第2世代のZen+と構造が違っていて、

「Zen2」マイクロアーキテクチャを採用しており、7nmプロセスルール(半導体構造の限界と言われてますね)、

浮動小数点演算性能の向上、クロックあたりの処理性能向上などなど、

とにかくパワーアップしまくったということです(笑)

なおグラフィックスがセットになったAPUであるRyzen5 PRO 4650G、

また最新世代のRyzenではRyzen 5 5600Xが同じ6コア12スレッドで登場しています。

【2020年下半期】Ryzen 5 PRO 4650Gの性能は?ゲーム・動画編集は? 【2020年下半期】Ryzen5 5600Xの性能ベンチマーク!ゲーム・動画編集

Intelの価格下落でコスパ勝負は微妙に

元々AMD系CPUは安さに定評があったのですが、

昨今の性能アップと人気によって価格が高止まりしている状態にあります。

同クラスとなるIntel Core i5 10400(F)の価格が下落したことで、

コスパ勝負では負けてしまっているのが現状でしょう。

【2020年下半期】Core i5 10400を性能比較!ゲーム・動画編集は?

ベンチマークソフトで性能を見る

それでは早速Ryzen5 3600の性能をみていきます。

まずは基本的なベンチマークを回していきます。

なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。

メモリクロックは各CPUの最大値にて検証しています。

シングル、マルチスコアともにCore i5 10400を上回る結果に。

もはやシングルはIntelとも一概に言えなくなってきています。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

フルHDと4Kの両方で比較します。

こちらに関してはCore i5 10400とほぼ互角と言って良いでしょう。

ただCPU性能値を表すPhysicsでは10400に9.7%差をつけており、

やはりCPU性能の高さがうかがえます。

TimeSpy

ではDirectX 12ベースではどうでしょうか?

こちらも同様にCore i5 10400と互角といって良いです。

またCPU性能値も大差がないことから、

思ったよりもマルチ性能が重要なDirectX 12において、

Ryzen5 3600のパフォーマンスが伸びないのかもしれません。

VR Mark

続いてはのVR MarkからOrange Roomです。

最近は単独型のVRがでていますが、念のための検証。

ここも若干Core i5 10400を上回っていますが、

ほぼ互角といっても差支えないでしょう。

PC Mark10

続いてはゲーム以外の性能も含めたベンチマーク、PC Mark10です。

ゲーム以外の普段使いもチェックします。

こちらに関しては若干Ryzen5 3600がCore i5 10400に劣る結果となりました。

元々Intelのほうが強い、WEB閲覧やアプリ起動、オフィスソフト操作といった項目で差がついています。

ただし、画像編集、動画編集、3Dレンダリングなど、

クリエイティブ用途に関してはRyzen 5 3600が上となっております。

FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

設定は最高品質とし、フルHD、WQHD、4Kでそれぞれ比較しています。

グラボ Core i5 10400 Core i5 9400F Core i3 10100 Core i3 9100F Ryzen5 3600 Ryzen5 3500 Ryzen3 3300X Ryzen3 3100 Ryzen5 2600 Ryzen7 2700 Ryzen5 1600AF
フルHD(1980×1080) 17068 (非常に快適) 15615 (非常に快適) 15544 (非常に快適) 14012 (非常に快適) 16198 (非常に快適) 14856 (非常に快適) 16773 (非常に快適) 14414 (非常に快適) 13809 (非常に快適) 13167 (非常に快適) 13806 (非常に快適)
WQHD(2560x1440) 12794 (非常に快適) 12689 (非常に快適) 12696 (非常に快適) 12187 (非常に快適) 12695 (非常に快適) 12366 (非常に快適) 12751 (非常に快適) - 11890 (非常に快適) 11700 (非常に快適) -
4K(3840×2160) 6351 (とても快適) 6462 (とても快適) 6439 (とても快適) 6429 (とても快適) 6426 (とても快適) 6420 (とても快適) - 6406 (とても快適) 6395 (とても快適) -

ややCore i5 10400が上の傾向となっています。

消費電力について

続いて消費電力です。

さきほどのFFベンチマーク測定時の電力を計測しました。

最大消費電力、平均ともにIntelと比べると大分高いですね(;^_^A

Ryzenは電圧設定が高いということですが、まさにという感じです。

CPUクーラーの冷却性能はしっかりと考慮したほうが良いでしょう。

なお今回の計測は全て虎徹MarkIIを利用しました。

フォートナイト

ここからは実際にゲームを使って実測のfpsを計測していきます。

まずは人気バトロワゲームのフォートナイトです。

フルHD、最新のDirectX 12ベースでも検証しています。

全体的にRyzen5 3600がCore i5 10400より上となっています。

最近のフォートナイトはマルチ処理が上手なのか、

マルチ性能が高いCPUが高FPSを出す傾向にあるゲームdなので、

Ryzen5 3600が上となったのでしょう。

ですが、その差はわずかですので互角といっても差支えありません。

Apex Legends

もう一つ人気なバトロワゲームです。

こちらに関してはCore i5 10400とはほぼ互角に。

画質によって若干の優劣が決まるものの、

対した差は生まれていません。

VALORANT

最新5vs5対戦を基本としたFPSゲームです。

ゲーム自体はかなり軽いゲームで、

だからこそCPUの力が足を引っ張らない(ボトルネックにならない)ことが重要です。

グラボ性能が高いRTX2060においては、

同RyzenシリーズではRyzen5 3600の結果が圧倒的です。

100fps近い差を出していますので、CPU性能の高さが活かされている結果といえます。

ただしCore i5 10400には若干負けていること、

また少しグラボ性能が低いGTX1660 SUPERとなると、Ryzen3 3300X/3100にパフォーマンスで負けています。

他のゲームでもそうですが、

GTX1660 SUPERくらいのグラボだと必ずしもRyzen5 3600が性能が高いとはいえませんね。

デス・ストランディング

話題のゲームDEATH STRANDINGです。

DLSS2.0やFidelityFS CASなどGeforce、Radeonともに最新技術に対応したゲームで、

負荷は高めなほうです。

このゲームでは少し力を引き出せてないかな?という印象です。

全体的にIntelのほうが強い傾向がみられるので、最適化の問題かとおもいます。

格下のCore i3 10100に負けているのは厳しいですね。

とはいえ極端に悪いというわけでもなく、

同Ryzenシリーズでは特に高画質領域で強い傾向となっています。

SATSIFACTORY

続いては累計100万ダウンロードを超えた、

人気の建設ゲームです。

比較的軽いゲームにはなりますが、はたして。

このゲームではRyzenが強い傾向にありますが、あまりスレッド数を活かせてないかな?という印象です。

Ryzen5 3600のパフォーマンスは高いですが、

Ryzen5 3500/Ryzen3 3300Xと格下のCPUに負けています。

3600のCPU性能が高いのは間違いありませんが、

ゲーミング性能で最強!というより、

普段使いや他の作業も含めトータルでバランスよく強いというのが正しいかと思います。

ウォッチドッグスレギオン

最新ゲームもいくつかみていきます。

ウォッチドッグスレギオンです。

レイトレおよびDLSSに対応したゲームです。

このゲームに関してはどうもRyzen5 3600のパフォーマンスが良くありません。

というより他のCore i5 10400やRyzen5 5600Xが強すぎという感じもしますが(笑)

さすがに15fpsほど差が出てしまっていることもあるので、

ゲーム側の最適化の問題?なのかもしれません。

またRyzen5 3600はデータのやり取りが他のCPUより若干遅延する構造でもあるので、

そのあたりの影響も考えられます。

アサシングリードヴァルハラ

もう一つ最新重量級ゲームです。

こちらもCore i5 10400が高パフォーマンス発揮しているというか、

明らかにRyzenに最適化されていない感じがします。

やっぱりなんやかんやIntelに最適化傾向のあるゲームは結構ありますね。

動画編集性能はどうか?

ライバルIntelとゲーミング性能において互角の結果を生み出している結果となり、

ゲーム性能でRyzenを選ぶのも十分ありという感じです。

では続いてはクリエイティブ系はどうでしょう?

編集速度について
使うソフト、動画素材、動画時間、加工方法、エンコード方法などによって、編集時間というのはかなり違ってくるため、
あくまで参考の参考ぐらいの気持ちでみてください。

Adobe Premiere Pro 2020

有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2020」で計測します。

動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。

また最近無料でNVidiaグラボも利用するハードウェアエンコードも対応したので、

そちらでも計測しました。(GTX1660 SUPER利用)

動画のクオリティについては、私のYoutubeチャンネルくらいと考えてください。

さすがはというところ。

Intelに対してはソフト・ハードに関わらずエンコード時間が早く、

マルチ性能が高いことが感じられます。

Aviutl

さてもう一つ、無料ではかなり有名な「Aviutl」でも計測しました。

こちらも純粋なCPUパワーが必要なソフトエンコードでは、

Ryzen5 3600がCore i5 10400より優秀な結果に。

ただGPU性能が一緒のハードウェアエンコードはCore i5 10400のほうが優秀ですね。

とはいえRyzen5 3600の動画編集性能が10400より高いのは間違いありません。

ゲーム性能はもちろん、クリエイティブ観点でもRyzen5 3600はおすすめできます。

純正クーラーで十分なのか?

Ryzen5 3600を購入するには純正クーラーを利用したい人もいるかもしれません。

そこで純正クーラーで十分冷えるのか?を検証しました。

また検証の中に人気高い虎徹 markIIの空冷クーラーも加えています。

まずCPUに100%負荷をかけるOCCTでは90℃近くとかなり高い温度に。

CPUが高負荷となる動画ソフトウェアエンコードも80℃近くとなっており、

あまり純正クーラーでは冷却性能は足りていないということでしょう。

しかしながらFFベンチマークやアサシングリード実測では60℃付近に、

GPUと負荷を分散できる動画ソフトウェアエンコードでは76℃と、

一応許容範囲内かな?という温度です。

ゲームでは1CPU00%負荷はほぼ無いですし、エンコードもGPUとセットなら、

実用には耐えられるかとおもいます。

マザボはB550が良い?

さて本来Ryzen5 3600を含むZen2世代は、PCIe4.0を使えることがメリットでもあります。

しかしながら今までミドルクラスのマザボでは4.0を利用できませんでした。
(上位のX570なら使えるが、CPUの価格に対して高価すぎる)

ですがついに、B550マザーボードが解禁となり、PCIe4.0が使え(一部制限あり)

エントリ~ミドルクラスCPUと合わせやすくなっています。

 

PCIe4.0を使うと何が良いかというと、データ転送速度が速いということ。

対応するSSDやグラボを利用することで真価を発揮するわけです。

3.0と4.0は互換性あり
例えPCIe3.0規格のSSDやグラボでも、4.0対応マザボでも利用可能です。

しかし現段階において本当にそうなのか?

一説には現状のグラボではPCIe3.0の性能も使いきれていないとか。

ましてやRyzen5 3600に合わせそうなミドルクラスのGPUなら、尚更かも。

そこで、B550マザーボードを使って、

ミドルクラスで人気なGTX1660 SUPER(PCIe3.0対応)、

PCIe4.0規格のRX 5500 8Gで計測してみました。

確かに全体的には性能向上している結果となっています。

ただし劇的に違う!というケースは少なく1~5fpsほどの差程度。

中には同等以下のケースもあり、

劇的に性能が向上するということは、ミドルクラス以下の構成なら無さそうです。

 

なのでRyzen5 3600を利用するなら、必ずB550マザボでなければダメというわけでもないです。

ただし、PCIe4.0を利用することができること、

マザーボードの質(全体的にB450より質が良い)や将来性などを考慮し、

B550マザボを選ぶという選択はもちろんOKです。

Ryzen5 3600はどういった人におすすめ?

ここがメリット
  • CPU性能が高く、ゲーム以外の面でも快適
  • 高クロック、PCIe4.0対応など次世代へ適応できる
  • ゲーム性能・動画配信/編集としてコスパ高い
  • 将来的にZen3の換装の拡張性も担保できる
デメリット
  • 価格が高止まりでCore i5 10400Fのほうがコスパが良い/li>
  • Zen3のRyzen5 5600がリリースされるとなると・・・?

さて色々な検証をしてきましたが、

ゲームもクリエイティブも高い性能でまとまっており、

まさにミドルスペックにふさわしいCPUだとおもいます。

またマザーボードはZen3対応ともなりますので、

将来的にZen3のCPUへアップグレードする余地残せるのも大きい。

 

しかしながら人気で価格が高止まりしているのは残念です。

現時点ではクリエイティブ性能は若干落ちるものの、

相変わらずゲーム性能が良いCore i5 10400Fのほうがコスパが高く、

また安さ特化でゲーミング性能だけ求めるならRyzen5 3500も悪くありません。

【2020年下半期】Ryzen 5 3500スペックレビュー!ゲーム性能は?

今後Zen3にて性能な後継機のRyzen5 5600などが登場し、価格が下がれば?

コスパが高くなる可能性もありますが。。。

Zen3へのアップグレードを予定しないのであれば、

現状はCore i5 10400Fで組むほうが安く、省電力で良いかなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA