Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年下半期】Ryzen5 3600の性能ベンチマーク!前世代、Corei5 9400Fと比較

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

いやあ第3世代Ryzenの快進撃はすごいです。

とあるニュースによればIntelよりAMDが市場を上回ったとか。

それぐらい性能と価格の良さが進化したといえるでしょう。

そこで今回私も第3世代の一つRyzen5 3600を購入しましたので、

主にゲーミング性能や歴代のCPUとベンチマーク比較をしました!

Ryzen5 3600の特徴とは?

Ryzen5 3600は(6コア12スレッド)はコンシューマー向けで、

第3世代Ryzenとしては最も下位のCPUになります。

前世代のRyzen5 2600とはコアスレッド数の変化はないものの、

変更点として代表的なところとして、

  • ベース&ブーストクロックの向上
  • メモリ周波数の最大値向上
  • PCI-Express Gen4対応(ただし旧世代マザボでは使用不可)
  • キャッシュメモリの倍増

といったものがあげられます。

そもそも第2世代のZen+と構造が違っていて、

「Zen2」マイクロアーキテクチャを採用しており、7nmプロセスルール(半導体構造の限界と言われてますね)、

浮動小数点演算性能の向上、クロックあたりの処理性能向上などなど、

とにかくパワーアップしまくったということです(笑)

よって性能的には明らかに第2世代より上になっています。

とはいえAMD系にありがちなのがソフトの最適化問題

Intelは割とこの問題が起こらないのですが、

AMDはソフト側が最適化しないと、フルパワーで使えないという問題がおこりやすい。

このあたりも色々検証できればと思います。

前世代、およびIntelとコスパも

もう一点は性能に対する価格コスパです。

最新世代だけあって値段は高めなので、もし性能差があまりなければ、

低価格になったRyzen5 2600やIntelのCorei5 9400FのほうがゲーミングPCを作るのには良いかもしれません。

ベンチマークソフトで性能を見る

それでは早速Ryzen5 3600の性能をみていきます。

まずは基本的なベンチマークを回していきます。

なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。

メモリクロックは各CPUの最大値にて検証しています。

またマザーボードはX570ではなくX470となります

X470/B450などで第3世代を使うには?
第3世代に合わせてリリーズされたのがX570で、最新のPCIe4.0を利用するなら必須となりますが、
PCIe3.0で良ければ、以前からあるマザーボード(400/300番台)でも使えます。
ただしBIOSのアップデートが必須です。
店頭などで新規で買えばBIOSが最新の可能性が高いですが、それ以外は自身でアップデートが必要。
なおいきなり第3世代を利用すると、一切BIOSが走らなかったので、事前にアップデートしておきましょう。

いやもう圧倒的ですよ。

マルチコア性能に関しては前世代の2つ上、Ryzen7 2700よりも高い数値ですし、

シングルコアに関しては前世代Ryzenもちろん、強いといわれたIntelを圧倒しています。

OpenGLも大差です。。。すごい(;゚Д゚)

シングルコアは貧弱と言われていたAMDはもう昔のことになりましたね。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

フルHDと4Kの両方で比較します。

注目したいのがCPU性能を示すPhysicsスコア

フルHDと4KともにRyzen5 3600が他を圧倒しています。これはCINEベンチ通りの結果かなと思います。

が、ちょっと気になったのがグラボとの総合性能であるCombinedスコア。

前世代Ryzenに勝つのは当然ですが、

思ったほどCorei5 9400Fとの差がないんですよね。というかフルHDでは負けてる?

単純なCPU性能では上ですが、ゲーミング性能となるとちょっと不安に感じてきました。。。

総合スコアは勝っていますが、思ったほどゲーミング性能に差がないのかも。

TimeSpy

ではDirectX 12ベースではどうでしょうか?

こちらに関してはRyzen5 3600はIntelやRyzen5 2600よりも高い数値を出していますが、

やっぱり思ったほど大差はないなあという印象。

あとRyzen5 2700に負けているのも気になります。

個人的にはかなり期待していたので、ちょっと肩透かしを食らいました。

またRyzen5 3600はDirectX 11より12のほうが得意というのがうかがえます。

VR Mark

続いてはのVR MarkからOrange Roomです。

このくらいのCPUになるとグラボと併せてVRを考える人も増えてくるのではないでしょうか?

お!(*’▽’)

こちらはRyzen5 3600が一番になっていますね。

しかもスコア的にも結構差がついています。

PC Mark10

続いてはゲーム以外の性能も含めたベンチマーク、PC Mark10です。

うーん、Ryzen5 3600は前世代を確実に超えているものの、

Corei5 9400Fには総合スコアで負けていますね。

これはエクセルやワードなどオフィスソフト系の快適さを示すProductivityと、

画像や動画編集、3Dレンダリング性能を表すDigitalスコアが大幅に負けているためですね。

Ryzen5 3600のほうがクロック数も上で、マルチタスクも強い印象にあったので意外でした。

ただ最も利用シーンが多いであろう、WEBブラウジングやソフト立ち上げなど、

パソコンの基本的な快適さの指標となるEssentialsでは圧倒的な差を出しています。

このあたりのばらつきは最適化の影響がでているのかもしれませんね。

FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

最新版の漆黒の反逆者を利用しました!

設定は最高品質とし、フルHD、WQHD、4Kでそれぞれ比較しています。

こちらに関しては総合的に見てRyzen5 3600が一番になっていますが、

思ったほどCorei5 9400Fとの差はありませんね。

現在の価格差を考えると、もうちょっと差がないとコスパが悪いかもなあ。

ただ前世代Ryzenからは着実に性能が伸びていますね!

4Kで差が少ないのは、GPUがボトルネックになっていると考えられますが、

それでもRyzen5 3600が一番スコアを出しており、性能の高さがうかがえます。

Shadow of Tomb Raider

ここからは実際にゲームを使って実測のfpsを計測していきます。

まずはゲームShadow of Tomb Raiderです。DirectX 12ベースのゲームですね。

フルHD、WQHD、4Kにてベンチマークを走らせ、平均fpsを記載しています。

安定してRyzen5 3600が前世代Ryzenを超えていますね。

特に高画質の高解像度(4K)ではRyzen5 2600との差が大きくなっています。

推論ですが、これはレンダリングなど処理が増えたことで、

メインメモリへのアクセスが増えたため

Zen2のメインメモリへの遅延減少および3200MHz高クロックの恩恵を受けているためかなと予想します。

逆にそこまでメインメモリアクセスが少ないと考えられる、低負荷・フルHD下では

Ryzen5 2600との差は3~4fpsほどと、思ったほど差がありません。

 

またCorei5 9400Fとも同様でフルHDでは差がないものの、

高解像度・高負荷になると差がでてきます。

Battlefield V

続いてもレイトレ対応のゲーム、バトルフィールドVです。

レイトレ/DLSS ONで計測しています。

平均FPSにてフルHD~4Kまで比較しています。

うーんこれは残念な結果になりました。

フルHDではRyzen5 3600が一番低い結果に。。。

なんで!?と思ったのですが、おそらくゲーム側の最適化が最適化が済んでいないためと思われます。

上記はバトルフィールドVを作動しているときの、Ryzen5 3600/3600のCPU負荷グラフです。

一目瞭然かと思います。

Ryzen5 2600は全スレッドがバランスよく利用されているのに対して、

Ryzen5 3600はスレッドの利用率にムラがあります

負荷率見ると実質2スレッドだけが異様に高負荷です。

つまりゲーム側がRyzen5 3600のパワーを上手に引き出せていないからかなあと思います。

 

Ryzenは登場したころにはよくあった最適化問題で、最近は徐々に最適化が進んできましたが、

第3世代からはZen2アーキテクチャとなり、メモリ配置、アクセス方法など、

大きく変更があったために、対応しきれていないのでは?と予想しています。

今後最適化が進めばおのずとFPSも向上すると思いますが、最適化されるかはわかりません(;^_^A

 

ただ高解像度になると、トゥームレイダー同様Ryzen5 3600の強さが目立ってきますね。

どうも現在はフルHD下ではRyzen5 3600は弱いのでは?という疑惑が。。。

FarCryNewDawn

続いてはFarCry5の続編です。

FarCry5はAMDロゴが出ていたのですが、本先は出てこないです。

平均FPSをフルHD~4Kまで比較します。

こちらに関しては前世代Ryzenから大幅に改善されていますね!

平均で12%ほどの性能向上が見られます。

またフルHDではCorei5 9400Fとほぼ同等の性能となっています。

ただ高解像度では負けちゃってますね。

Anthem

続いてはNvidiaのDLSS対応ゲームです。

平均FPS、フルHD~4Kまで計測し、DLSS ONにしています。

こちらに関してはも今までとほぼ同様の傾向かなと思います。

高解像度・高画質になりメインメモリへのアクセスが増えるほど、Ryzen5 3600の強さが目立ちますが、

負荷が低い状態では最適化の影響を受け、最も低い数値となっています。

こちらもRyzen5 3600/2600のCPU負荷率を測定していました。

やはりRyzen5 2600に比べてRyzen5 3600の利用率にムラがありまくりです。

最適化が進んでいないのかな?と推測できますね。

Assassin’s Creed Odyssey

重量級ゲーム代表のアサシンクリードオデッセイです。

このゲームはGPUだけでなくCPUの性能も重要です。

またAMDロゴが表示される、AMDライクなゲームでもあります。

フルHD、平均fpsを記載します。

こちらは前世代のRyzenを順当に超えており、進化が分かります。

Ryzen5 2600に対して10%ほど向上しています。

またCorei5 9400Fにも勝っているシーンが多く、

ゲームによってはRyzen5 3600を有効に活用できていることがわかります。
(とはいえこちらも最適化はまだかと思います。)

THE DIVISION2

続いても重量級ゲームのディビジョン2です。

こちらもGPUとCPU、両方の性能が求めまれます。

こちらのゲームはDirectX11と12を切り替えられるので、

それぞれのフルHD~4Kまでを測定して計測しています。

まずDirectX11ベースのフルHDから見ていきます。

低負荷時はRyzen5 3600の強さがうかがえますが、高画質になるほど差が縮まってしまい、

最終的にはCorei5 9400Fに負けてしまっています。

高解像度でもCorei5 9400Fのほうが限界性能を引き出せているなという印象。

 

DirectX12ベースはどうでしょう?

個人的には色々ベンチマークしてきましたが、AMD系はCPUもグラボもDirectX12のほうが強いと感じることが多いです。

これは全体的にRyzen5 3600が一番の結果と言ってよいでしょう。

そもそもCorei5 9400FはRyzen5 2600にも負けるシーンが多いですから、

やはりDirectX12ベースになるとAMD系の強さが出てきます。

今後はDirectX12ベースは増えると予想できるので、Ryzen5 3600の将来性がうかがえます

とはいえ現時点ではあまり差が出てない印象。最適化の問題がここにもあると思います。

 

ということでこちらもCPU使用率を計測しました。

DirectX12ベースで、Ryzen5 3600/2600とRyzen7 2700もチェックしました。

こちらに関してはわりと上手にスレッドが活かされている感じがします。

ゲームによってはかなりのばらつきがありましたから、

今後Ryzen5 3600の最適化が進めばもっとFPSは伸びると予想できます。

 

ちなみにスコアの低いRyzen7 2700は上手に使えていないかな?と思います。

RyzenTheadRipperでもありましたが、

スレッド数が多すぎてもゲームで上手に使えないという問題がうかがえます。

ゴーストリコン ブレイクポイント

さて続いては10月に発売されたばかりのゴーストリコンです。

AMDロゴもでるゲームですが、どうでしょうか?

面白い結果になりました。

GPU負荷が比較的低い時はRyzen5 3600が優位であり、

GPU負荷が高くなるとCorei5 9400Fが優位に。

ただ以前のようにIntelがゲームで優位という傾向は段々なくなってきました。

ボーダーランズ3

こちらも発売されたばかりの人気シリーズボーダーランズ3です。

こちらは全体を通して9400Fがわずかに上回っていますが、

大差で負けているという印象はなく、第3世代Ryzenのゲーム性能の向上が感じられました。

Ryzen5 3600はどういった人におすすめ?

さて色々な検証をしてきましたがゲーミング性能で言えば、

現時点ではCorei5 9400FもしくはRyzen5 2600のほうがコスパが高いと感じます。

2019年下半期!Ryzen5 2600のゲーミング性能は?9400Fとの比較も 【2019年下半期】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?

CPUの性能は間違いなくRyzen5 3600が一番高いものの、

ゲーム側が最適化されていないタイトルもあったこともあり、

9400Fを負かすシーンはすくなっ方

ゲーミング性能の高さなら7000円ほど安いCorei5 9400Fに旨味がありますし、

単純に安さ重視ならRyzen5 2600でも十分なゲーミング性能を備えています。

 

ただあくまで現時点ではということに留意です。

Ryzen5 3600にはまだまだ伸びしろがあり、最適化が進めばおそらく一番のゲーミング性能になります。

そのころには価格も若干下がる可能性もあり、コスパも向上してくるでしょう。

ゲーム性能差があるといっても微差であり、

CPUクーラーをより高性能に切り替え熱対策をすることで、FPSの改善も可能かと思います。

動画配信や編集を考えるのであれば9400Fでは力不足であり、

クリエイティブ/ゲーム性能両方で高い性能を有する、

Ryzen5 3600は将来性を考えるなら間違いなくおすすめです。

ここがメリット
  • CPU性能は同クラス帯では一番!将来性が高い!
  • 高クロック、PCIe4.0対応など次世代へ適応できる
  • 最新世代としては丁度良い価格
  • 動画配信/編集を考えるなら優秀
デメリット
  • ゲームの最適化が進んでおらず、フルパワー使えない
  • 現時点ではライバルや前世代のほうがコスパ高い
  • オリファンのクーラーでは力不足か。交換推奨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE