Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年上半期】Ryzen5 3600の性能をベンチマーク!9400Fとは?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

AMDの快進撃が続くなか、第3世代Ryzenも大分で揃ってきました。

今回は購入から時間が経ち、ソフト側の最適化も進んでいるため

改めてRyzen5 3600のゲーミング性能や基本性能をベンチマークしました!

Ryzen5 3600の特徴とは?

Ryzen5 3600は(6コア12スレッド)はコンシューマー向けで、

第3世代Ryzenとしては下から2番目のCPUです。

前世代のRyzen5 2600とはコアスレッド数の変化はないものの、

変更点として代表的なところとして、

  • ベース&ブーストクロックの向上
  • メモリ周波数の最大値向上
  • PCI-Express Gen4対応(ただし旧世代マザボでは使用不可)
  • キャッシュメモリの倍増

といったものがあげられます。

そもそも第2世代のZen+と構造が違っていて、

「Zen2」マイクロアーキテクチャを採用しており、7nmプロセスルール(半導体構造の限界と言われてますね)、

浮動小数点演算性能の向上、クロックあたりの処理性能向上などなど、

とにかくパワーアップしまくったということです(笑)

よって性能的には明らかに第2世代より上になっています。

とはいえAMD系にありがちなのがソフトの最適化問題

Intelは割とこの問題が起こらないのですが、

AMDはソフト側が最適化しないと、フルパワーで使えないという問題がおこりやすい。

このあたりも色々検証できればと思います。

前世代、およびIntelとコスパも

もう一点は性能に対する価格コスパです。

低価格になったIntelのCorei5 9400Fのほうが、

ゲーム特化の点ではコスパが負けてしまう点があります。

ただし最新世代のCore i5 10400と比較すると、

ゲーム・クリエイティブ両面から考えて、現在はRyzen5 3600のほうがコスパは上です。

【2020年上半期】Core i5 10400を性能比較!ゲーム・動画編集は?

ベンチマークソフトで性能を見る

それでは早速Ryzen5 3600の性能をみていきます。

まずは基本的なベンチマークを回していきます。

なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。

メモリクロックは各CPUの最大値にて検証しています。

またマザーボードはX570ではなくX470となります

X470/B450などで第3世代を使うには?
第3世代に合わせてリリーズされたのがX570で、最新のPCIe4.0を利用するなら必須となりますが、
PCIe3.0で良ければ、以前からあるマザーボード(400/300番台)でも使えます。
ただしBIOSのアップデートが必須です。
店頭などで新規で買えばBIOSが最新の可能性が高いですが、それ以外は自身でアップデートが必要。
なおいきなり第3世代を利用すると、一切BIOSが走らなかったので、事前にアップデートしておきましょう。

いやもう圧倒的ですよ。

マルチコア性能に関しては前世代の2つ上、Ryzen7 2700よりも高い数値ですし、

シングルコアに関しては前世代Ryzenもちろん、強いといわれたIntelを圧倒しています。

最新世代のCore i5 10400に対してシングルもマルチ性能も上とは・・。

OpenGLも大差です。。。すごい(;゚Д゚)

シングルコアは貧弱と言われていたAMDはもう昔のことになりましたね。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

フルHDと4Kの両方で比較します。

注目したいのがCPU性能を示すPhysicsスコア

フルHDと4KともにRyzen5 3600が他を圧倒しています。これはCINEベンチ通りの結果かなと思います。

が、ちょっと気になったのがグラボとの総合性能であるCombinedスコア。

前世代Ryzenに勝つのは当然ですが、

思ったほどCorei5 9400Fとの差がないんですよね。というかフルHDでは負けてる?

さらに一つ下のRyzen5 3500にも負けているのが気になるなあ。

単純なCPU性能では上ですが、ゲーミング性能となるとちょっと不安に感じてきました。。。

総合スコアは勝っていますが、思ったほどゲーミング性能に差がないのかも。

TimeSpy

ではDirectX 12ベースではどうでしょうか?

Ryzen5 3600はIntelやRyzen5 2600/3500よりもおよそ6%ほど高い数値を出しています。

DirectX 12はマルチコアスレッドの扱いが上手になっていますので、

順当な結果と言えるでしょう。

昨今はDirectX 12ベースのゲーム増えましたので、期待できます。

VR Mark

続いてはのVR MarkからOrange Roomです。

最近は単独型のVRがでていますが、念のための検証。

おお!ここではRyzen5 3600が圧倒的。

シングル、マルチコアともに性能高いのが寄与してますね。

PC Mark10

続いてはゲーム以外の性能も含めたベンチマーク、PC Mark10です。

ゲーム以外の普段使いもチェックします。

ブラウジングやビデオチャット、ファイル閲覧など基本性能は、

Core i5 9400F/Ryzen5 2600/3500よりも上となっており、

ゲーム以外の基本用途では一番快適そうということがわかります。

当然、動画や画像編集などクリエイティブ系も、マルチスコア高い3600が一番です。

オフィスソフト利用を除けば、快適性は間違いなくRyzen5 3600が一番と言えるでしょう。

FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

設定は最高品質とし、フルHD、WQHD、4Kでそれぞれ比較しています。

こちらに関しては総合的に見てRyzen5 3600が一番になっていますが、

思ったほどCorei5 9400Fとの差はありませんね。

現在の価格差を考えると、もうちょっと差がないとコスパが悪いかもなあ。

ただ前世代Ryzenからは着実に性能が伸びていますね!

消費電力について

続いて消費電力です。

さきほどのFFベンチマーク測定時の電力を計測しました。

最大消費電力、平均ともにIntelと比べると大分高いですね(;^_^A

Ryzenは電圧設定が高いということですが、まさにという感じです。

CPUクーラーの冷却性能はしっかりと考慮したほうが良いでしょう。

なお今回の計測は全て虎徹MarkIIを利用しました。

フォートナイト

ここからは実際にゲームを使って実測のfpsを計測していきます。

まずは人気バトロワゲームのフォートナイトです。

フルHD、最新のDirectX 12ベースでも検証しています。

全体的にCorei5 9400Fよりも高パフォーマンスを発揮しています。

特にDirectX 12は高画質でも9~18fps差と影響が大きいです。

最近フォートナイトはグラフィックが新しくなり、

AMD系のCPUパフォーマンスが向上しています。

ソフトが最適化されればRyzen5 3600のポテンシャルが高いのは間違いありません。

Apex Legends

もう一つ人気なバトロワゲームです。

こちらに関してはCore i5 9400Fとはほぼ互角、時には9fpsほど勝つ結果に。

Apexは特にAMDロゴが表示されるなどありませんが、

ソフト側が上手にRyzenを使えるようになっている結果かと思います。

Shadow of Tomb Raider

続いてはShadow of Tomb Raiderです。DirectX 12ベースのゲームですね。

フルHD、WQHD、4Kにてベンチマークを走らせ、平均fpsを記載しています。

安定してRyzen5 3600が前世代Ryzenを超えていますね。

特に高画質の高解像度(4K)ではRyzen5 2600との差が大きくなっています。

推論ですが、これはレンダリングなど処理が増えたことで、

メインメモリへのアクセスが増えたため

Zen2のメインメモリへの遅延減少および3200MHz高クロックの恩恵を受けているためかなと予想します。

逆にそこまでメインメモリアクセスが少ないと考えられる、低負荷・フルHD下では

Ryzen5 2600との差は3~4fpsほどと、思ったほど差がありません。

 

またCorei5 9400Fとも同様でフルHDでは差がないものの、

高解像度・高負荷になると差がでてきます。

THE DIVISION2

続いても重量級ゲームのディビジョン2です。

こちらもGPUとCPU、両方の性能が求めまれます。

こちらのゲームはDirectX11と12を切り替えられるので、

それぞれのフルHD~4Kまでを測定して計測しています。

DirectX11ベースでは全体的にCorei5 9400Fが勝利といってよいです。

DirectX12ベースにおいても差が縮まっているものの、

Ryzen5 3600は負けています。

ゲームによってはこのようにスレッド数が増えたところで、

FPS値に貢献しない場合もあります。

ゴーストリコン ブレイクポイント

続いてはより最新のゲーム、ゴーストリコンです。

AMDロゴもでるゲームですが、どうでしょうか?

これに関してはほぼ同等という結果に。

同じ会社でもゲームによって違うなんて(笑)

ただ価格差を考えるとコスパ的にはCorei5 9400Fが上です。

ボーダーランズ3

こちらも新しいゲーム、ボーダーランズ3です。

DirectX 11と12で比較します。

こちらは面白い結果になりました。

まず得意と思われるDirectX 12ベースでは、

Corei5 9400Fが全体的に勝っています。

またDirectX 11では高負荷では9400Fが、低負荷ではRyzen5 3600が良い結果に。

原因はわかりませんが、ソフト側の問題であることは確かで、

やはりゲームやグラフィック設定でパフォーマンスが安定しないのは、

AMD系のCPUの弱点とはいえるでしょう。

動画編集性能はどうか?

ライバルIntelとゲーミング性能において互角以上の結果を生み出している結果となり、

ソフト側の最適化問題も大分解決されてきている実感もありました。

ゲーム性能でRyzenを選ぶのも十分ありという感じです。

では続いてはクリエイティブ系はどうでしょう?

編集速度について
使うソフト、動画素材、動画時間、加工方法、エンコード方法などによって、編集時間というのはかなり違ってくるため、
あくまで参考の参考ぐらいの気持ちでみてください。

今回は有名な編集ソフト「Adobe Premiere Pro 2020」で計測します。

動画の長さは15分60fps、フルHD・4K動画でH.264/365の4パターンを計測。

また最近無料でNVidiaグラボも利用するハードウェアエンコードも対応したので、

そちらでも計測しました。(GTX1660 SUPER利用)

動画のクオリティについては、私のYoutubeチャンネルくらいと考えてください。

さすがはというところ。

Intelに対してはソフト・ハードに関わらずエンコード時間が早く、

マルチ性能が高いことが感じられます。

ゲーム性能はもちろん、クリエイティブ観点でもRyzen5 3600はおすすめできます。

Ryzen5 3600はどういった人におすすめ?

ここがメリット
  • CPU性能が高く、ゲーム以外の面でも快適
  • 高クロック、PCIe4.0対応など次世代へ適応できる
  • ゲーム性能・動画配信/編集としてコスパ高い
  • ソフト側の最適化も進んできており、もはや不自由は感じない
デメリット
  • ゲーム単体性能なら、9400F・Ryzen5 3500のほうがコスパ良い
  • 価格重視になると安いRyzen5 2600、1600AFか

さて色々な検証をしてきましたがゲーミング性能で言えば、

現時点ではCorei5 9400FもしくはRyzen5 3500のほうがコスパが高いと感じます。

【2020年上半期】Ryzen 5 3500スペックレビュー!ゲーム性能は? 2019年下半期!Ryzen5 2600のゲーミング性能は?9400Fとの比較も 【2020年更新】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?

CPUの性能は間違いなくRyzen5 3600が一番高いものの、

ゲーム側が最適化されていないタイトルがあったり、

そもそもゲーミング性能に圧倒的差がないため、

動画編集や配信を考えないなら、Ryzen5 3500のほうが良いでしょう。

 

しかしながらクリエイティブ系を含めると、かなりコスパが高いCPUと考えます。

価格はライバルのCore i5 10400より安いのにも関わらず、

ゲーム性能は互角、クリエイティブ性能は勝っていますから、

ミドルクラスで組むなら十分おすすめできるCPUです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE