Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2020年上半期】Ryzen 5 3500スペックレビュー!ゲーム性能は?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

第3世代に新しくRyzen 5 3500がリリースされました。

今回はCore i5 9400Fや一部Ryzen 5 2600とも比較しながら、

基本性能、ゲーミング性能について検証していきます!

Ryzen 5 3500の特徴とは?

Ryzen5 3500は(6コア6スレッド)で、

第3世代Ryzenとしては最も下位であったRyzen5 3600より、

下位に位置するCPUです。

元々中国向けに低価格を重視したRyzen5 3500X/3500があり、

人気だったため日本にも販売されました。

特徴としては

  • 3600に対してスペックを抑えることで低価格に
  • ライバルは同じ6コア6スレッドのCore i5 9400F
  • 動画編集や配信向きではないが、ゲーミング性能は期待できる

といったものがあげられます。

最近はRyzenに最適化されるソフトも増えてきており、

こまたろ、かなり期待してます(*’▽’)

こちらがRyzen5 3500。

パッケージはいつもの第3世代と変わりません。

なお「Waith STEALTH」のオリファンが付属します。

今回はオリファンでも冷却は十分か?という点も見ていきます。

ベンチマークソフトで性能を見る

それでは早速Ryzen5 3500の性能をみていきます。

まずは基本的なベンチマークを回していきます。

なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。

メモリクロックは各CPUの最大値にて検証しています。

またマザーボードはX570ではなくX470となります

X470/B450などで第3世代を使うには?
第3世代に合わせてリリーズされたのがX570で、最新のPCIe4.0を利用するなら必須となりますが、
PCIe3.0で良ければ、以前からあるマザーボード(400/300番台)でも使えます。
ただしBIOSのアップデートが必須です。
店頭などで新規で買えばBIOSが最新の可能性が高いですが、それ以外は自身でアップデートが必要。
なおいきなり第3世代を利用すると、一切BIOSが走らなかったので、事前にアップデートしておきましょう。

まずはCINEベンチ。

注目したいのがシングルコア性能比較。

一つ上の3600とほぼ変わらない数値となっており、

スペックを落とした影響はさほど受けてない模様。

ライバルの9400Fよりもすべての数値が上になっており、

価格差を考えると、Ryzen5 3500のコスパが良さそうです。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

フルHDと4Kの両方で比較します。

CPUとGPUの総合的なCombinedスコアを見ると、

Corei5 9400Fに対して若干Ryzen5 3500が上回っています。まじか(笑)

またCPU単体テストのPhysicsも3500のほうが優秀なスコア。

 

一つ上位のRyzen5 3600とは約7.4%ほどDown。

価格を考えれば個人的には許容できるというか、むしろイイのでは?って感じます。

より低価格なRyzen5 2600には4.7%差と、

スレッドが2分の1でもゲーム性能はやはり第3世代が上かも。

TimeSpy

ではDirectX 12ベースではどうでしょうか?

こちらに関してはRyzen5 3500とCore i5 9400Fがほぼ同等という結果になりました。

ただしCPUテストは9400F、GPUテストは3500が上という結果になっているのは面白い。

予想ではマルチコア性能が3500のほうが上だったので、

DirextX 12ベースでも9400Fより優秀かと思ったんですが、意外。

 

Ryzen5 3600とは6.1%Down、Ryzen5 2600とは若干さという感じです。

VR Mark

続いてはのVR MarkからOrange Roomです。

最近はVR単独機が増えてきたけど、一応ね。

こちらに関してはRyzen5 3500が9400Fの上を言っていますね。

シングルとマルチスコアが高いCPUが単純に高いスコアがでるので、

順当といえます。

PC Mark10

続いてはゲーム以外の性能も含めたベンチマーク、PC Mark10です。

これはすごい。シングルとマルチスコアの高さが如実に出ています。

ブラウジングなど基本的なPC操作Essentialsほか、

エクセルやワードなどオフィスソフトの快適さであるProductivity、

画像や動画編集などクリエイティブ作業のDigital CC全てにおいて、

Ryzen5 3500が上という結果に。

この領域はコアスレッド数が同じだとIntelが上であることが多かったのですが、

ゲームやクリエイティブ向けだけでなく、

全てのPC操作においてRyzenが優秀になってきていることになりますね。

価格から考えると9400Fやばいな(笑)

FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

最新版の漆黒の反逆者を利用しました!

設定は最高品質とし、フルHD、WQHD、4Kでそれぞれ比較しています。

もともとIntel寄りに高スコアがでる傾向にあるので、

CINEベンチと違い、ここではCore i5 9400Fが上という結果になっています。

ゲームもソフト側の最適化の影響を受けやすいので、

そこが難点のRyzenですが果たして?

消費電力について

参考までに消費電力もみておきましょう。

システム全体のワット数で比較しています。

マザボはX470、メインメモリは16GB、グラボはRTX2060の構成です。

★Ryzen5 3600★
★Ryzen5 3500★

3600に対して3500は約10Wほど低い結果になっています。

やはりスレッド数が半分なので消費電力も低いということかとおもいます。

Shadow of Tomb Raider

ここからは実際にゲームを使って実測のfpsを計測していきます。

まずはゲームShadow of Tomb Raiderです。DirectX 12ベースのゲームですね。

フルHD、WQHD、4Kにてベンチマークを走らせ、平均fpsを記載しています。

Ryzen5 3500のメインターゲットとなるフルHDにおいては、

Core i5 9400Fに最大8.2%差で負ける結果となりました。

特にGPU負荷が軽くなる中画質において差が広がっているので、

3500がボトルネックになっているのは間違いなさそう。

ここはTimeSpy通りに結果といって良いでしょう。

 

高解像度になると、メインメモリへのアクセスが増えたことで、

Zen2のメインメモリへの遅延減少および3200MHz高クロックの恩恵により、

若干差が縮まっているものの、全体的に9400Fの勝利。

 

またより低価格なRyzen5 2600との差もほとんどないことから、

このゲームにおいてはRyzen5 3500は残念な結果と感じます。

 

THE DIVISION2

続いては重量級ゲームのディビジョン2です。

こちらもGPUとCPU、両方の性能が求めまれます。

こちらのゲームはDirectX11と12を切り替えられるので、

それぞれのフルHD~4Kまでを測定して計測しています。

まずDirectX11ベースのフルHDから見ていきます。

うーん、やはりCorei5 9400Fに最大8.7%差で負けてしまっています。

前世代Ryzen5 2600に確実な差で勝っています。

 

DirectX12ベースはどうでしょう?

こちらに関してRyzen5 3500とRyzen5 2600が描写によって拮抗している感じ。

DirectX 121はマルチスレッドの使い方が上手だそうなので、

スレッド数が少ない3500が不利になったのかもしれません。

 

またCorei5 9400Fにはパフォーマンスで負けています。

ただ私のYoutube動画でも紹介しているように、

実際のゲーム実測では3600が9400Fに勝るケースも多々あり、

今回利用したDivision2付属のベンチマークの最適化のせいかもしれません。

個人的感覚では3600と9400Fは拮抗している印象でした。

フォートナイト

続いては人気バトロワゲームのフォートナイトです。

フルHD、最新のDirectX 12ベースでも検証しています。

このゲームは全体的にRyzen5 3500のほうがパフォーマンスが良いと感じます。

DirectX 11の場合は低画質だとCore i5 9400Fが上であるものの、

高画質領域では3500が逆転しており、

また今後は主流になるDirectX 12に関しては総じて3500が上になっています。

以前このゲームは大幅アップデートがあったのですが、

そこからAMD系のCPUのパフォーマンスが良くなったので、

間違いなくAMDの最適化が進んでいると思われます。

ゴーストリコン ブレイクポイント

最新ゲームではどうか?ということで、ゴーストリコンです。

この記事執筆時では最新なので、最適化具合も期待です。

このゲームに関してはほぼ同等といっても差支えない結果に。

同等の性能であれば、価格が安いRyzen5 3500のほうが優秀ということになります。

さらに注目したいのが、Ryzen5 3600との差があまりないこと。

ゲームによってはスレッド数の多さが優位に働かないゲームもあるので、

動画編集や配信予定なければ、6コア6スレッドの3500が丁度良いかもしれません。

ボーダーランズ3

こちらも比較的新しいゲーム、ボーダーランズ3です。

DirectX 11とDirectX 12ベースの二つがありますので、両方比較します。

DirectX 11ベースの場合、

低負荷だとRyzen5 3500が強く、高負荷になるCorei5 9400Fが上という結果に。

ソフト側の問題かと思いますが、

総合的に見ればRyzen5 3500のパフォーマンスは上々です。

ただDirectX 12ですとCorei5 9400Fが上になってます。

Ryzen5 3600の数値もあまりの伸びないことから、

Ryzenとの相性がそもそもよくなさそうなゲームみたいです。

このようにゲームによっては若干パフォーマンスが低下してしまうのは、

AMDの宿命なのかな。。。

とはいえ劇的に差があるわけでもないので及第点。

オリファンで十分なのか?

このCPUのスペック帯で組む人の中には、できるかぎり安く抑えたいという人も多いと思います。

そこで気になってくるのが、オリファンで良いのか?

それともCPUクーラーは用意すべきか?という点です。

今回は鉄板クーラーの虎徹MarkIIとオリファンでいくつか比較しました。

温度の面ではオリファンでは少々高めという印象ではあります。

特にCPUに100%負荷をかけ続けたOCCTテストでは、

オリファンだと90℃を超えてあまりよくありません。

ただゲームにおいてはCPUが100%負荷であり続けることはほぼ無く、

実際二つのゲームをやってみましたが、約75℃前後ということころです。

では実際の性能低下はどのくらいだったか?も見ていきましょう。

PCMark10といくつかのゲームを見ています。

全体的には若干の低下があるのは否めません。

ただしPC Mark10で1.6%、ゴーストリコンで最大5fps、ボーダーランズ3で1.5fpsなので、

この差を大きいとみるかは意見がわかれそうですが、

CPUクーラーが通常4,000円程度かかることを見ると、

予算をとにかく抑えたいのであれば、オリファンでも十分Ryzen5 3500の性能は体感できるかと思います。

ただし70℃越えは高めではあるので、予算とれるなら変えたほうがいいでしょう。

メインメモリのクロックはやっぱり3200MHz?

さてもうひとつ予算を抑えるうえで考えたいのが、

メインメモリのクロックです。

RyzenはIF(インフィニティファブリック)の構造上、

メモリクロックに性能が依存しやすいと言われています。

ただ以前私のYoutube動画でも検証しましたが、

第2世代Ryzenにおいて、ミドルスペックくらいなら2400MHz/2666MHzでも

そこまで性能低下がありませんでした。

 

今回のRyzen5 3500は3200MHzまで対応となっていますが、

現在価格が安いのが、2400MHz/2666MHzで3200MHzは少し高くなります。

さほど影響がなければ2400MHz/2666MHzのメモリを選択するのも可となりますが、果たして?

PCMark10といくつかのゲームを検証しました!

やはりメモリクロックが低下すると、全体的には性能低下の傾向が見られます。

ただゲームによっては2400MHzが一番低いとも限らず、

このあたりはCPU、グラボとのデータ送受信のタイミングもあるかと思います。

 

性能低下の度合いは、PCMark10が最大1.95%、ゴーストリコンが最大6fps、

ボーダーランズ3がDX11で最大18fps、DX12で最大6fpsとなります。

ゲーム以外の普段使いならほとんど差は感じないレベル

ゲームにおいては種類と設定によっては大きな差が出てしまうこともありそうです。

ただ今回はRTX2060を利用していますので、

より低性能なグラボではここまでの差はでないかもしれません。

このあたりが許容できるのであれば、2400MHz/2666MHzのメモリ利用も可かと思います。

Ryzen5 3500はどういった人におすすめ?

ここがメリット
  • 価格に対してRyzen5 2600、9400Fよりコスパ高い
  • ゲームだけでなく、普段使いも同クラスIntelより優秀そう
  • 次期B550マザボで、手軽にPCIe4.0が利用できそう
  • 最適化が進んだソフトも多くなってきている
デメリット
  • オリファンでは最大性能は発揮できない
  • メモリは3200MHz対応でないと性能を活かしきれない
  • 単純なFPS数値ではCorei5 9400Fが上

ライバルとなるCorei5 9400Fに対して価格が安いわりには、

普段使いでは性能を上回っており、ゲーミング性能も検討しています。

単純なFPS値を負うならまだ9400Fですが、

予算を抑えてゲーミングPCを組むならRyzen5 3500いいです。

 

またより価格が安いRyzen5 2600に対しては、

普段使いはもちろん、特にDirectX12のゲームにおいてはFPS値に差がでています。

今後もDirectX12のゲームは増えますし、

PCIe4.0対応によるPCパーツアップグレードの将来性も高いことから、

Ryzen5 3500のほうがおすすめです。

 

上位のRyzen5 3600とは確かな性能差がありますし、

動画編集や配信を考えるなら3600ですが、

ゲームだけするなら、数千円の価格差があるので3500も十分検討の余地があります。

【2020年上半期】Ryzen5 3600の性能をベンチマーク!9400Fとは? 2019年下半期!Ryzen5 2600のゲーミング性能は?9400Fとの比較も 【2020年更新】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?

最大性能を活かすなら、CPUクーラーの用意と3200MHzメモリがお勧めですので、

予算と相談しながら、このあたりは検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


SHARE