【2021年3月】おすすめな安いゲーミングPCは?コスパ良、セール情報も | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2021年3月】おすすめな安いゲーミングPCは?コスパ良、セール情報も

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

本記事では安いゲーミングPCをご紹介していきます。

「とにかく安いPC」と「コスパが良いPC」、「セール特価品PC」の3点でまとめています。

なお予算や目的別、ノート型ゲーミングPC、BTOメーカーなどゲーミングPC全般については、

下記記事を参考にしてください。

blank初心者向け2021年3月ゲーミングPCのおすすめ・予算別blank2021年3月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

安さ重視!ゲーミングPCのおすすめ

とにかく価格を抑えたゲーミングPCです。

この価格帯では1万円の差が大きくゲーミング性能を分けます。

5~7万円ですと、CPUとグラフィック性能が合体したAPUと呼ばれるものが主体となり、

グラフィックボード不要な分、安くなるわけです。

が、ゲーミング性能は限定的で負荷の軽いゲームしか遊べないと考えたほうが無難です。

しっかりと遊べるようにするには、8万円台から選ぶべきでしょう。

(ドスパラ) Lightning AH5


CPU Ryzen5 3600
グラボ GTX 1650
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×420(奥行き)×360(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★★
性能に対するコスパ ★★★★★
ゲーム性能 ★★★
動画編集・配信性能 ★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 低価格ながらCPUはミドルスペック
  • GTX1650搭載で、最新ゲームでも遊べる
  • 初期構成でNVMe SSDの高速ゲーミングPC

ドスパラの「Lightning AH5」です。

低価格帯なのにミドルクラスであるRyzen5 3600(6コア12スレッド)が利用されており、

さらにグラボもGTX1650搭載という驚きの構成。

重めの最新ゲームでも低画質60fps以上で遊べる性能を有しており、

性能に対するコスパは抜群です。

(ツクモ) GA5J-C201/T


※モニターは別売
CPU Core i5 10400
グラボ GTX 1650
メモリ 8GB
容量 240GB SSD
大きさ 190(幅)×475(奥行き)×435(高さ)mm
おすすめ度 ★★★
スペックに対するコスパ ★★★
ゲーム性能(最新世代同士比較) ★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量
ポイント!
  • 低価格なのに6コア12スレッド
  • ゲーム配信や動画編集もやりたい!人へ

低価格なBTOとしてはミドルクラスのCPUを搭載したゲーミングPCです。

Core i5 10400(6コア12スレッド)はマルチ性能が高いため、

ゲームだけでなく、動画編集などクリエイティブな作業にも対応できます。

予算は抑えたいけど、ゲーム配信などしたい!方へ。

(パソコン工房)LEVEL-M0B5-R535-RVX


CPU Ryzen5 3500
グラボ GTX1650 SUPER
メモリ 8GB
容量 500GB NVMe SSD
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
スペックに対するコスパ ★★★★
ゲーム性能(最新世代同士比較) ★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★
データ容量 ★★
ポイント!
  • 低価格なのに6コア6スレッド
  • GTX1650 SUPER搭載で、最新FPS/TPSゲームも可
  • 初期構成で8GBメモリ、500GB SSDでOK

Ryzen5 3500が搭載された、パソコン工房のゲーミングPCです。

低価格ながら6コア6スレッドとなっており、

GTX1650 SUPERのグラボと組み合わせても本価格帯に収まるという驚異のコスパ。

GTX1650 SUPERはGTX1650より強力で、

フォートナイトやApexLegendsなど比較的新しいFPS/TPSでも快適に遊べる性能があります。

設定によっては144fps以上狙えるゲームも。

フルHD60fpsであれば低~中画質で問題なく遊べます。

コスパ重視!ゲーミングPCのおすすめ

ここではゲーム性能に対してコスパが高いゲーミングPCを紹介します。

価格はバラバラですが、かなりお得な構成になっています。

(ドスパラ) Magnate MT


CPU Core i5 10400
グラボ GTX1660 SUPER
メモリ 16GB
容量 500GB SSD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
価格の安さ ★★★★★
全体性能 ★★★
ゲーム性能(このカテゴリで) ★★
ゲーミング性能の目安
  • フルHD、中~最高画質60fps
  • 低画質なら144fpsゲーミングモニターも
  • 動画編集や動画配信にも対応

ドスパラのMagnate MTです。

Core i5 10400(6コア6スレッド)に最新グラボのGTX1660 SUPERの組み合わせです。

今回ご紹介するコスパPCの中では一番低いスペックになりますが、

性能に対して価格が安く、満足度の高いスペックとなっています。

大概のゲームを中~最高画質60fpsは固いです。

メモリやSSDも初期構成で十分充実しているのも嬉しいです。

(フロンティア)FRGXB460/36


CPU Core i5 10400
グラボ RTX3060
メモリ 16GB(アップグレード)
容量 512GB NVMeSSD
大きさ 幅:約190mm x 高さ:約356mm x 奥行:約421mm
価格の安さ ★★★★
全体性能 ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
ポイント!
  • 最新世代RTX3060搭載
  • ミドルクラス超コスパ

比較的に安いながらも最新世代RTX3060を搭載したゲーミングPCです。

新ミドルグラボとして登場したRTX3060ですが価格がまだ高めになっています。

しかし、このゲーミングPCは価格が抑えられておりコスパが高い。

ミドルクラスとして人気のCore i5 10400と組み合わせることで、

フルHD下では何不自由ないゲームができるでしょう。

ゲーミングモニターやウルトラワイドモニター利用にも十分対応できます。

(ストーム)PG-UL


CPU Core i7 10700
グラボ RTX3060
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 205(幅)×340(奥行き)×428(高さ)mm
価格の安さ ★★★
全体性能 ★★★★★
ゲーム性能(このカテゴリで) ★★★★★★
ポイント!
  • 最新世代RTX3060搭載
  • 動画編集やゲーム配信も

この価格帯では最も高性能かつコスパが高いゲーミングPCです。

最新世代のグラフィックボードであるRTX3060を搭載し、

同じくハイクラスなCPUのCore i7 10700(8コア16スレッド)を搭載しているにも関わらず、

価格が抑えられています。

フルHD高画質ゲーミングモニター利用に対応でき、

CPU性能の高さから動画配信などクリエイティブ性能も高め。

(SEVEN) ZEFT R25R


CPU Ryzen5 5600X
グラボ RTX 3070
メモリ 16GB
容量 500GB NVMeSSD
大きさ 206(幅)×450(奥行き)×470(高さ)mm
価格の安さ ★★
全体性能 ★★★★★★
ゲーム性能(このカテゴリで) ★★★★★★★
ゲーミング性能の目安
  • フルHD最高画質144fps
  • WQHD/4Kゲーミング
  • 最新描写、処理技術が使える

BTOメーカーのSEVENのゲーミングPCです。

ゲーミング性能、価格、マルチタスク性能ともに、

最新世代のRyzen5 5600X(6コア12スレッド)を搭載しており、

さらに最新世代グラボRTX 3070の組み合わせでゲーミング性能がめちゃ高いです。

加えて現実描写により近くなったレイトレ、機械学習により処理を早くするDLSSといった最新技術も使えます。

セール特価PC

3月各社セール情報をまとめています。

参考にしてください。

※横スクロールできます

メーカー セール名 期間
フロンティア 決算感謝祭 3/11まで
フロンティア 台数限定セール 不定期
SEVEN ウィークリーセール 毎週
マウス 決算セール 3/3まで

安いゲーミングPCを探す場合のポイント

安いゲーミングPCの探し方、またメリット/デメリットについてお話していきます。

ノート型よりデスクトップ型が安い

省スペース、持ち運びしやすいということでノート型ゲーミングPCが人気になっていますが、

基本的に性能に対する価格のコスパはデスクトップ型が上です。

また最低価格帯もデスクトップ型のほうが安く、

予算を抑えるならデスクトップ型から選ぶのが基本になります。

性能は妥協が必須

「安い」という基準は人ぞれぞれですが、概ね5~7万円くらいのゲーミングPCの場合、

ゲーミング性能は妥協が必要です。

画質は低画質が基本で、ゲームによっては解像度もフルHD(1980×1080)以下である必要がでてきます。

特にPvPの対戦ゲームではFPSの安定が求められると思います。

とにかく安いPCではこの安定性も欠けることに留意しましょう。

セール品情報も見逃さない

各ショップでは日替わり、週替わり、期間限定などセール品が結構あります。

特に少し型落ちの商品が安くなることが多いです。

型落ちといっても性能的には申し分ないゲーミングPCも多いのでチェックしてみましょう。

また無料アップグレードキャンペーンなど、性能に対してコスパが良くなるサービスも見逃せません。