Youtube【こまたろPC】も更新中!

【2019年下半期】Corei5 9400Fはコスパ最強!?性能検証、Ryzenとの差は?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)!

ライバルRyzenの第3世代の登場、Intelの生産ラインが少し落ち着いたこともあり、

第9世代のIntel CPUも大分値が下がってきました。

今回はその中でもコスパが高い一押しのCPU、Corei5 9400Fについてです。

基本ベンチマーク、ゲーム性能に関して、ライバルRyzenとも比較していきます。

【2019年下半期】Ryzen5 3600の性能ベンチマーク!前世代、Corei5 9400Fと比較 2019年下半期!Ryzen5 2600のゲーミング性能は?9400Fとの比較も

Corei5 9400Fの特徴とは?

計測結果に入る前にCorei5 9400Fについて整理します。

Corei5 9400FはCorei9 9900K、Corei7 9700K、Corei5 9600Kに続く、

4番目にリリースさせた第9世代のCPUです。

ターゲット層はミドルレンジで、第8世代ならCorei5 8400と同じ層になる感じですね。

Corei5 8400が品切れ気味(intel全体で品切れ気味)なため、

その代替として登場したとも言われています。

さてCorei5 9400Fの最大の魅力は価格です。

一時期は大きく上昇したものの、現在は大分落ち付いた値となっており、

同クラス帯のRyzen5 2600に次いでの安さです。

ゲーミング性能ではCorei5 9400Fのほうが優秀なので、コスパとしても高いのが特長

 

性能面で大きな変更としてあげられるのが内蔵グラフィックスが無くなっていることです。

なのでグラボは必須となります。

ベンチマークソフトで性能を見る

それでは早速Corei5 9400Fの性能を検証していきましょう!

ほぼ同じとは言え周波数が違うのでCorei5 8400との性能差も一緒に確認していきます。

Corei5 9400FのCPU本体

こちらが本体。まあいつも通りです。

付属のオリジナルファン

付属のオリジナルファンも通常のものです。

なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。

RTX2060

CINEBENCH R15

CPUの性能測ると言ったらこいつは外せません。

CINEBENCH R15結果

シングル、マルチともに前世代のCorei5 8400を若干上回っている結果となりました。

スペックを考えれば順当な結果だとおもいます。

気になるのはOpenGLのfpsの差です。

結構開いていると思いませんか?10fpsぐらい違います。

クロック周波数があがったことでRTX2060の性能をより引き出せていることがわかります。

 

同クラス帯となるRzyen5 3600/2600とはどうか?

Ryzen5 2600に関してはシングルコアで勝ち、マルチで負ける順当な結果。

問題は第3世代RyzenのRyzen5 3600です。

シングルもマルチも負けとるがな・・・(;゚Д゚)

これはCorei5 9400Fが弱いのではなく、 第3世代Ryzenが化け物なのです。

ただ現在の価格を鑑みれば、順当な結果と言えます。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

フルHDと4Kの両方で比較します。

まずはフルHDから。

CPUスコアであるPhysicsはマルチスレッド多めが優位なため、Ryzen系には差が開いていますが、

グラフィック性能も絡めた統合テスト、トータルスコアでは第2世代Ryzenには勝っています。

またRyzen5 3600には負けていますが、CINEベンチの結果を考えると思ったほど大差ではありません。

 

4Kになってくると、Ryzenのほうが優位になってきますね。

描画などでメインメモリへのアクセスが増えることで、

動作クロックが高いRyzenがパフォーマンスを発揮していると思われます。

TimeSpy

続いてはDirectX 12ベースの定番ベンチマークソフト。

こちらに関しては、、、ちょっとCorei5 9400Fの分が悪いです。

AMD系はDirectX12ベースに強いとされており、

その結果が出た感じです。

最近はDirectX12対応のゲームも増えてきたので、この結果がどのように影響してくるか?

この後の実測テストが気になります。

VR Mark

気を取り直してVR性能も確認しましょう!定番のVR MarkからOrange Roomです。

こちらはFireStrikeとほぼ同様の結果で、

第2世代Ryzenには勝ち、第3世代Ryzenには負けたという感じです。

ですが価格を考えれば順当な結果と言えます。

FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

最新版の漆黒の反逆者を利用しました!

設定は最高品質とし、フルHD、WQHD、4Kでそれぞれ比較しています。

こちらもFireStrikeとほぼ同様の結果ですが、

Ryzen5 3600とほぼ差が出ていません。

価格を考えるとCorei5 9400Fは大健闘しているといえます!

個人的にはこのベンチマークはRzyen5 3600の最適化ができていないためと考えています。

ゲーム側が最適化していないとAMD系はパフォーマンス発揮しないんですよね。。。

Shadow of Tomb Raider

ここからは実際にゲームを使って実測のfpsを計測していきます。

まずはレイトレーシング対応のゲームShadow of Tomb Raiderです。

フルHD、WQHD、4Kにてベンチマークを走らせ、平均fpsを記載しています。

フルHDにおいては思ったほどRyzen5 2600との差がでなかった印象

価格差を考えるとコスパてきに負けてしまっていますね。

これは4Kでも同様の結果となっており、Corei5 9400Fの優位性はあまり感じられませんでした。

Battlefield V

続いてもレイトレ対応のゲーム、バトルフィールドVです。

こちらはよりレイトレーシング対応設定が明確でDXR ONとOFFという設定があります。

またRTX特有技術のDLSSにもいち早く対応していました。

DLSSの性能についてはRTX2060の記事を参考にしてみてください。

RTX2060の性能はいかほどか!?ゲーム、消費電力を検証!

こちらはフルHD、WQHD、4Kにて計測しています。

このゲームにおいてはCorei5 9400Fの優位性が大分目立ちます。

特に画質を落とした低負荷時の差が大きくなっています。

ただし4Kにおいては伸びが低下。Ryzen系に負けています。

これはメインメモリアクセスが増えたことで、動作クロックの高いAMDに分があったからと思われます。

Corei5 9400を利用するならWQHD以下が良いかもしれません。

Assassin’s Creed Odyssey

重量級ゲーム代表のアサシンクリードオデッセイです。

このゲームはGPUだけでなくCPUの性能も重要です。

フルHD、平均fpsを記載します。

高負荷になるほどCorei5 9400Fのほうが強いという結果に。

さっきのBattleFieldVとは逆の結果ですね。

単純に高負荷になるほどCPU負担も大きくなるので、ゲーミング性能の強さを発揮できたからと考えられます。

ただしこのゲームはRyzen5 3600の最適化が終わっていない現象が見られたため、

ポテンシャルの高さはRyzen5 3600のほうが上でしょう。

THE DIVISION2

続いても重量級ゲームのディビジョン2です。AMDロゴが出るほどAMD寄りとなっています。

こちらもGPUとCPU、両方の性能が求めまれます。

こちらのゲームはDirectX11と12を切り替えられるので、

それぞれのフルHD~4Kまでを測定して計測しています。

まずDirectXの11ベースにおいては、Ryzen5 2600とはあまり差がありませんでした。

さすがはAMDに最適化されているだけあり、性能差を感じません。

DirectX12に関しては高負荷時にCorei5 9400Fの若干の優位性はあるものの、

やはり全体的には差が少ないですね。

最近はバイオハザードなども筆頭にAMDに最適化されたものが増えており、

PS4などコンシューマー向けもRadeonを採用しているところもあり、

全体的にAMDがゲームに弱いという時代はなくなりつつあります。

コスパを考えると残念ながらCorei5 9400Fは少し見劣りするゲームとなりました。

ではCorei5 9400Fはどういった人におすすめ?

現在の価格設定を考えると、Ryzen5 2600のほうがコスパ的には優秀かと思います。

ではCorei5 9400Fのメリットは何か?というと、安定性にあると僕は考えています。

Ryzenは今もそうですが、ゲーム側の最適化が非常に重要で、

ゲームによってムラがあるんです。

ですがIntel製はどのゲームも卒なく高パフォーマンスという感じ。

またRyzenの場合最大性能を引き出すためにはDDR4-2933MHzが必要ですし、

その場合マザボ選びが重要にもなりますので、初心者には少しハードルが高いのですが、

Intelはわりと適当でも問題ありません。

なので無難にそれなりのコスパで選ぶのであればCorei5 9400Fはかなり最適だと私は思います。

ここがメリット
  • 価格は安く安定したゲーミング性能
  • RTX2060(GTX1070ti)相当なら十分性能は引き出せる
  • Intel第9世代では最も価格と性能バランスが良い
デメリット
  • 最適化されたゲームではAMD系のほうがコスパが上
  • 動画エンコードなどマルチタスクになるとAMDが上
  • 第3世代が最適化され、価格も落ちてくるとメリットがなくなってくる可能性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA