Youtube【こまたろPC】も更新中!

PC版モンハンワールドに最適なゲーミングPCは何がおすすめ?

こんにちは!こまたろです( ゚Д゚)

長らくシリーズロングセラーであるモンハン。

今回はモンハンワールドPC版の必要スペックやおすすめなゲーミングPCについてまとめました!

モンハンワールドの動作スペック

私は色々なPCゲームのベンチマークをしていますが、

モンハンは結構重いゲームに属します。

推奨スペックも他のゲームに比べ高く、しかもフルHDの30FPS可ですよ~という内容なので、

60fps確保するには結構良いゲーミングPCが必要です。

 

PCゲームにおいて重要なスペックは?
一番はグラフィック性能に直接影響するグラフィックボード(ビデオカード)、2番目がCPU、3番目がメインメモリです。
また読み込み速度では記憶媒体の種類(HDD、SSD)が影響します。

基本的なグラフィック設定

PCゲームの利点はグラフィック設定が細かくできること。

なのである程度はゲーミング性能に合わせて最適化しやすいです。

色々な項目がありますがその中でも、

「イメージクオリティ」「SHDiffuse品質」「アンチエイリアス」が最もグラフィック処理に影響がでます。

「イメージクオリティ」と「SHDiffuse品質」は「低」「中」「高」の3段階が用意され、

「アンチエイリアス」は「なし」「TAA」「FXAA」「TAA+FXAA」となり、

右にいくほど滑らかな描画になります。

全体的に低画質の場合の描画の一例。

思ったよりはキレイではありますが、細かい部分がつぶれて表示されています。

全体的に高画質設定にした場合がこちら。

近い部分だけでなく、遠くの細かい部分も描画が細かく、

また影の設定も細かく描かれてします。

もう一つ近場の低画質一例。

視認性に問題はないが、全体的にギザギザ感はあります。

高画質になると布や人物が滑らかになり、

ゲームへの没入感が増します。

どの程度グラフィック性能が必要か?

では実際にここ最近販売されているPCパーツから、

最低どのくらいの性能なら良いか?を探っていきたいと思います。

お金出せばいくらでも快適なゲーミングPCが手に入りますので、

ここでは最低ラインを提示して参考にいただければと思います。

Geforce GTX1650(SUPER)、GTX1660ti、RTX2060、RX570
おすすめなCPU
Intel Corei5 9400F、AMD Ryzen5 2600/3600

グラフィックボードを検証

まず最もゲーミング性能に影響するグラフィックボードから見ていきます。

現在ラインナップされている低~中スペックのグラボを検証しています。

このゲームは「低」と「高」では全然負荷が違います。

「低」設定であれば前世代であるGTX1050tiでも60fpsを確保することができます。

最新世代のGTX16シリーズ、AMDならRXシリーズであればどれも問題なく遊べるます。

ただし内蔵グラフィックであるRyzenGシリーズは難しいです。

 

「高」設定でキレイな描画で遊びたい!という人は、

最新世代のグラボでもエントリークラスでは厳しく、

最低でもミドルクラスのGTX1660 SUPER以上は必要になってきます。

CPUは?

ゲームにおいて最も影響が高いのがグラフィックボードですが、

CPU性能も次に重要です。

ゲーム側でCPU性能を重視しているものもありますし、

グラフィックボード性能を活かしきれないボトルネックの懸念もあります。

CPUのボトルネック
ゲームなどグラフィック性能は、グラフィックボードが高性能であればよいわけではなく、同時にCPUもある程度の性能が必要です。
CPUの性能が低すぎると、ボトルネックとなりグラフィックボードの性能を100%引き出せなくなります。

先ほどはミドルクラスのCorei5 9400Fを利用しましたが、

一つ性能を落としたエントリークラスのCorei3 9100Fではどうでしょうか?

CPUとグラフィックボード(GTX1650利用)に高負荷をかけるため最高画質と高画質で比較します。

CPU性能としてはひとつ低い9100Fですが、ある程度FPSが出せています。

モンハンを低画質設定なら9100Fでも十分です。

 

ただし中~高画質設定で遊びたいなら、9100Fではミドルクラスのグラボは活かしきれなくなるので、

ミドルクラスのCPUが良いでしょう。

具体的にはIntelなら9400F/9600KFあたり、AMDならRyzen5 2600/3600です。

 

それでは具体的にどのゲーミングPCがおすすめか?紹介していきましょう!

なお全体的なゲーミングPCのおすすめ紹介は下記記事を参考にしてください。

2020年4月★ゲーミングPCのおすすめは?価格・ランキング別 2020年4月!おすすめなBTOパソコンメーカーとは?PCの特徴など

低画質で遊ぶ!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • モンハンワールドを低画質60fpsで遊ぶ
  • ゲーミングモニター利用や高画質はむずかしい

まずはもっとも低価格で60fps確保できるゲーミングPCです。

モンハンは低画質でもわりときれいなので、ゲームができれば問題ないという人向けです。

(ドスパラ)GALLERIA RH5 2600


CPU Ryzen5 2600
グラボ GTX1650
メモリ 8GB
容量 256GB NVMeSSD
大きさ 185(幅)×395(奥行き)×370(高さ)mm
ポイント!
  • 同スペックでは他社よりかなり安い
  • マルチタスク性能もある程度保有

最もおすすめなのがドスパラのGALLERIA RH5 2600です。

CPUとグラボの構成に対して安い!これにつきます。

モンハンを低画質60fpsであれば十分な性能です。

(ark) CROYDON CY-IC6B36MG5-AA


※モニターは別売りです
CPU Corei5 9400F
グラボ GTX1650
メモリ 16GB
容量 512GB NVMe SSD
大きさ 195(幅)×475(奥行き)×395(高さ)mm
ポイント!
  • 初期構成で16GBメインメモリ+512GB NVMeSSD
  • 9400F+GTX1650でゲームの安定性が高い

単純なゲーミング性能ではドスパラの紹介した一機よりも高いです。

価格は少し高くなりますが、代わりにメモリとSSD構成はこちらのほうが上。

トータルで性能を求めたい場合はこちらがおすすめです。

高画質、120fpsモニター利用可!おすすめゲーミングPC

ポイント!
  • モンハン高画質60fpsであそべる
  • 低画質なら120fpsゲームモニターも利用可

高画質60fpsで遊べるゲーミングPCです。

モンハンは世界観も大切なゲームですので、

やっぱり高画質の描画のほうがゲームへの没入感、臨場感が違います。

ゲーム体験をこだわりたい方におすすめです。

(ツクモ)G-GEAR GA5J-B194/T


CPU Corei5 9400F
グラボ GTX1660ti
メモリ 8GB
容量 240GB SSD
大きさ 190(幅) ×475(奥行き)×435(高さ)mm
ポイント!
  • GTX1660ti使用としては安い!!
  • 9400Fにて最大限グラボ性能を引き出す

ツクモのG-GEARシリーズのGA5J-B194/Tです。

GTX1660tiによりフルHD高画質でモンハンを遊ぶことができます。

9400Fはゲーミング性能が高いため、ゲームPCとして性能の高い一機です。

(ドスパラ)GALLERIA RT5


CPU Ryzen5 3600
グラボ GTX1660ti
メモリ 8GB
容量 256GB NVMe SSD + 1TB HDD
大きさ 220(幅)×425(奥行き)×417(高さ)mm
おすすめ度 ★★★★
価格の安さ ★★★★
性能に対するコスパ ★★★★
ゲーム性能 ★★★★★
動画編集・配信性能 ★★★★★
データ容量 ★★★★
ポイント!
  • GTX1660ti搭載で高コスパ
  • 初期構成で1256GBの容量
  • メモリ16GB、SSDは500GB SSDへの変更推奨

パソコンショップ、ドスパラが提供するGALLERIA RT5です。

何と言っても初期構成が得です。

Ryzen5 3600とGTX1660tiでゲーミング性能が高い割に、価格が抑えられています。

また容量も1TBを超えているので、ゲームや動画ファイルなど沢山保管できます。

8GBメインメモリが心もとないので16GBにアップしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA