RTX2060の性能はいかほどか!?ゲーム、消費電力を検証! | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

RTX2060の性能はいかほどか!?ゲーム、消費電力を検証!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

すでにRTX3060も発売され、旧世代となったRTX2060ですが、

再販売があるほど、まだまだミドルクラスとして活躍の場はありそうです。

そこで最近の人気ゲームにて性能検証してみました。

まずはRTX2060性能をおさらい

※横スクロールできます

GPU RTX3090 RTX2080ti RTX2080 SUPER RTX3080 RTX2080 RTX2070 SUPER RTX3070 RTX2070 RTX3060ti RTX3060 RTX2060 SUPER RTX2060
世代 最新 1世代前 1世代前 最新 1世代前 1世代前 最新 1世代前 最新 最新 1世代前 1世代前
プロセッサ数 10,496 4352 3072 8,704 2944 2560 5,888 2304 4864 3584 2176 1920
Tensorコア数 328 Gen3 544 Gen2 384 Gen2 272 Gen3 368 Gen2 320 Gen2 184 Gen3 288 Gen2 152 Gen3 112 Gen3 272 Gen2 240 Gen2
RTコア数 82 Gen2 68 Gen1 48 Gen1 68 Gen2 46 Gen1 40 Gen1 46 Gen2 36 Gen1 38 Gen2 28 Gen2 34 Gen1 30 Gen1
ベースクロック 1400MHz 1350MHz 1650MHz 1440MHz 1515MHz 1605MHz 1500MHz 1410MHz 1410MHz 1320MHz 1470MHz 1365MHz
ブーストクロック 1700MHz 1545MHz 1815MHz 1710MHz 1710MHz 1770MHz 1730MHz 1620MHz 1670MHz 1780MHz 1650MHz 1680MHz
メモリスピード 19.5Gbps 14Gbps 15.5Gbps 19Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 15Gbps 14Gbps 14Gbps
メモリ量 24GB GDDR6X 11GB GDDR6 8GB GDDR6 10GB GDDR6X 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 12GB GDDR6 8GB GDDR6 6GB GDDR6
メモリバス帯域幅 936GB/s 616 GB/s 496GB/s 760GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 360GB/s 448GB/s 336GB/s
TDP 350W 250W 250W 320W 215W 215W 220W 175W 200W 170W 175W 160W
電源コネクタ 8pin × 2 8pin × 2 8pin & 6pin 8pin × 2 8pin & 6pin 8pin & 6pin 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1
小売価格 197,000円~ 167,000円~ 113,100円~ 99,600円~ 92,300円~ 58,500円~ 67,800円~ 69,800円~ 58,000円~ 58,000円~ 39,800円~ 在庫薄

 

RTX2060は機械学習用とレイトレーシング用のコアが搭載されたゲーミングPCでは一番下位になります。

最近ではGTX1660番台もレイトレ対応になったものの、

レイトレコアがあるためレイトレーシング描写が得意であること、

また機械学習で負荷を下げるDLSS機能が使えるゲーミングPCでは最安となります。

なお主要ターゲットはフルHD画質になります。

レイトレーシングとは?
光源から視点までの光を経路を遡りながら計算して描画する手法。
光の反射を再現できるため、例えば鏡や車の写り込みなどを再現できる。
FPSゲームなどでは敵を補足できる範囲があがるので、極めるなら。

後継機は最新世代のRTX3060ですが価格差があるので、

性能差が許せる範囲なら十分に活躍できるグラボかとおもいます。

blank【2021年】RTX3060のゲーム性能をベンチマーク!買いか?blank2021年更新☆GTX1660 SUPERのゲーム性能をベンチマーク!

今回利用したRTX2060

Palit GamingPro OCのRTX2060の箱

コスパで定評のあるPalitのGaming Pro OCです。

Palit GamingPro OCのRTX2060

一般的なデュアルファンゲーミングPCですね。

RTX2060の出力ポート
↑Palit GamingPro OCの出力ポートはHDMIとDisplayport、そしてDVD-I

出力ポートは割とすくなくて、HDMI x1とDisplay x1、DVI-D x1となっています。

補助電源は8pin.

こんな感じでロゴ下が光ります!(*’▽’)

基本的なベンチマーク性能をチェック

まずは基本的なベンチマークソフトを使って検証していきます。

 

まずは定番ベンチマークソフト3D MarkよりFireStrikeです。

DirectX 11ベースになります。

見事に前世代のGTX1070は超えています。

もはやGTX1060 6Gは目じゃありません。すごい性能アップですね。

 

続いて同じく3D MarkからTimeSpyです。

DX12ベースです。最新ゲーム対応も増えてきたので今後はこちらが主流になるでしょう。

こちらに関してはFireStrikeよりもGTX1070との差が出たのではないでしょうか!?

これから多くのゲームが対応していくであろうDX12で差がついたのはうれしいです。

GTX1060に対しては大体4割以上は性能アップしてますね。

また9700Kと9400F利用時でグラフィックススコアに差がでています。

9400Fではややボトルネックの懸念があり、

RTX2060を利用するなら、9700K/9600KFあたりの利用がベターと言えそうです。

 

モンスターハンターワールド

まずは人気ゲーム、モンスターハンターワールドです。

フルHDにて計測しています。

モンハンは結構重いゲームになるのですが、

それでも高画質で86fps確保と余裕の60fps越え。

かなりキレイな画質でモンハンの世界を味わえそうです。

フォートナイト

続いてはバトロワ系です。

まずは大人気ゲームのフォートナイトです。

このゲームはかなり軽いので60fpsで遊べることは当たりまえです。

問題は高FPSを想定するゲーミングモニター利用はどうか?

高画質でも144fps以上は確保と、

キレイな描画でゲーミングモニター利用が可能な性能です。

荒っぽいとどうしても視認性が悪くなりますから、

ガチで勝つならRTX2060は十分に対応できる性能といえるでしょう。

Apex Legends

こちらも現在大人気バトロワゲームですね!

このゲームはグラフィックメモリ消費量が高く、

最高画質であっても十分に144fps確保。

画質によってはあえてパワーを抑えないといけないほど性能は十分です。

Escape From Tarkov

β版でありながら日本でもどんどん人気になっているハードコアFPSです。

今のところ上限値は120fpsとなっています。

フルHDであればほぼ上限値120fps張り付きなので、

このゲームにおいては性能は十分といったところでしょう。

4Kでも低画質なら50fps前後はいけることから、

WQHD解像度であれば60fps以上で遊ぶことも可能です。

VALHEIM

最後は累計500万本突破した北欧サバイバルゲームのヴァルヘイムです。


価格に対してかなり良いパフォーマンスが出ている印象です。

もともとDLSSに対応していないので、高負荷になるゲームですが、

それでもフルHDであれば最高設定60fps以上で遊べます。

高FPSなら低中画質ぐらいでも。

下位のGTX1660 SUPERとは特に低画質領域でのFPS値は歴然で、

RTX2060の性能が最新ゲームでも十分遊べるといえます。

Call of Duty Black Ops Cold War

続いても人気のFPSゲームです。

こちらも重量級ゲームになりますね。

DLSSやレイトレに対応しています。

DLSS利用ならフルHD144fpsは余裕。

最新の要求スペック高めのゲームですが、

フルHDならRTX2060はまだまだ活躍できそうです。

最新世代のRTX3060ともそこまで差がないので、価格をみればコスパが高い結果です。

サイバーパンク2077

色んな意味で話題になりました人気ゲームです。

DLSSやレイトレに対応しており、NVidiaロゴが出るRTX3000系に有利なゲームに見受けられます。

かなり動作スペックが高いゲームです。

最新の重量級ゲームですが、やはりDLSSが利用できるのが大きい!

フルHD高画質高FPSはもちろん、レイトレを利用しても60fps確保できますので、

綺麗な世界観を満喫することができます。

RTX2060はおすすめか?

ここがメリット
  • 実売価格の大幅な値下げでかなりコスパが高い
  • GTX1660tiから数千円プラスで手に入る
デメリット
  • RX5600XTのコスパ次第で価値が変わる可能性も

とにかく価格が大幅に下がったことで、RTX系としては手に入りやすい価格になり、

かつ性能に対するコスパが良くなったに尽きます。

一つ下のGTX1660tiは最低29,800円~に対して34,430円~と、

約5,000円ほどプラスで狙える価格は魅力的。

しかもその分のグラフィック性能、レイトレ・機械学習コア搭載の恩恵は、

コスパがかなり高いです。

しかも今後も正式値下がりを受けて、さらに価格が下がる可能性が高く、

個人的には非常におすすめなRTX系となっています。

 

気になる存在はRadeonの最新Navi世代からRX5600XTの存在です。

市場価格が落ち着き価格次第では、RTX2060のコスパが悪くなる可能性もあります。

ただレイトレやDLSSといった技術ではRadeonは使えませんので、

一概に比較できるものでもないですが・・・

なんにせよ現時点では買いのグラフィックボードです。