Youtube【こまたろPC】も更新中!

2019下半期☆GTX1050tiは最新ゲームも遊べる?性能を検証!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!!

グラボ業界ではレイトレーシング対応のRTXシリーズのグラボが登場して盛り上がっていますが、

いかんせん価格が6~18万くらいと高価なのが難点です・・・。

なるべく低予算でゲーミングPCを作りたい!となると、

以前ローエンドなGTXシリーズになるかと思います。

そこで今回はローエンドGPUで依然人気なGTX1050tiについてレビューします。

レビューポイントはズバリ最新のゲームでも遊ぶことができるのか!?

なお、定期的に最新ゲームのベンチマークは測定していきます

GTX1050tiのスペックや価格は?

ベンチマーク詳細に入る前にざっとおさらい。

GTX1050tiは10シリーズの下から3番目のエントリー向けGPUの位置付けのグラボです。

グラボ RX580 8G RX570 8G GTX 1660 GTX 1060 6G GTX1650 GTX 1050 Ti 4G GTX 1050
プロセッサ数 2304 2048 1408 1280 896 768 640
ベースクロック 1257 MHz 1168MHz 1530MHz 1506MHz 1485MHz 1290MHz 1354MHz
ブーストクロック 1340MHz 1244MHz 1785MHz 1708MHz 1665MHz 1392MHz 1455MHz
メモリクロック 8Gbps 7Gbps 8Gbps 8Gbps 8Gbps 7Gbps 7Gbps
メモリ量 8GB GDDR5 8GB GDDR5 6GB GDDR5 6GB GDDR5 4GB GDDR5 4GB GDDR5 2,4GB GDDR5
TDP 185 W 150 W 120W 120W 75W 75W 75W
電源コネクタ 8pin × 1 8pin × 1 8pin × 1 6pin × 1 不要 不要 不要
小売価格 約18,800円 約14,018円 約25,980円 約25,980円 約16,665円 約13,268円 約15,960円

最近は最新グラボのGTX1650のコスパの高さとローエンド対応

性能面ではGTX1660の高さから、正直強みが無くなってきた感じです。

とはいえ、中古品市場などではまだまだ現役ですので、

詳しく調査していきましょう!

今回使用したGTX1050ti

ASUS PH-GTX1050TI-4G

今回ベンチマークで試したのが、人気のASUS製PH-GTX1050TI-4Gです。

個人的にはフォルムがかっこよくて好きです(*’▽’)

そしてCPUはCorei5-9400Fを使用。これならCPUによるボトルネックの心配はないでしょう。

基本的なベンチマーク性能は?

最新ゲーム検証の前に、1050tiがどの程度の性能なのか、基本的なベンチマークソフトで簡単に見ていきます。

まずは定番のFireStrike。一応上位との性能差比較として1050、1060 6Gと1070も掲載しています。

またCPU性能のPhysicsスコアは掲載していません。

上位のGTX1060 6Gだと最新ゲームでも問題なく快適に遊べます。

その1060の性能の4割減位が1050tiといったところでしょうか。

ちなみに1070だと高画質でも最新ゲームが遊べます。

もう一つDirect12ベースのTimeSpy。

大体GTX1060 6Gの4割強減といったところですかね。

依然からある人気ゲームは?

主な人気ゲームであるオーバーウォッチ、フォートナイトあたりは問題なく快適に遊ぶことができ、

PUBGやDead by Daylightは60fpsを切ることがありますが、

遊べることは遊べる感じです。

では最新ゲームのベンチマークいってみましょー!!

FarCry NewDawn

FarCry5の続編として登場したゲームで、重量級のゲームです。

こちらに関しては快適に遊ぶことが可能でした。

最高画質にしても60fps付近を確保しており、

描画の一時的な負荷増大によるFPS落ち込みを加味しても、

中~高画質で余裕で遊ぶことができます。

Shadow of Tomb Raider

続いては最新作のTomb Raider。

レイトレーシング対応となっているゲームです。

ちょっときつくなってきたかな(;゚Д゚)

低画質でなんとか60fps付近という感じです。

このゲームはグラフィックの綺麗さもウリなので、

正直最低画質では世界に没頭できず、気持ちよく遊ぶなら中画質は欲しいところなので、

快適に遊べる・・・という感じではありません。

Assassin’s Creed Odyssey

続いては2018年10月発売の重量級ゲームアサシンクリードオデッセイ。

ちなみにこのゲームはGPUだけでなくCPU性能も試されるゲームです。

こちらに関してはなぜかGTX1050よりも振るわない結果になりました。

おそらくグラフィックのコアクロック動作の低さにあると思いますが、

快適!というには若干の性能不足を感じます。

Battlefield V

コアファンが多い名作バトルフィールドの最新作Vです。

2018年11月に発売されています。

フルHD、画質設定を低、中、高でテストしていました。

個人的には『かなり快適に動く』印象です。

画質低であれば、敵との乱戦になっても60fps張り付き、

中でもかなり健闘しています。

さすがに高になってくるとfpsが落ちてきますが、低でも綺麗だなと感じれるので、

ゲームの臨場感は十分に味わえるはず。

1050tiでもまったく問題なく遊べるゲームだとおもいます。

モンスターハンターワールド

こちらも言わずとしれた名作。

GTX1050ti 4Gでは低画質設定フルHDにて、平均84fpsと全く問題なく遊べますし、

設定を上手にすれば中画質設定でも60fps前後で遊ぶことが可能でした。

Apex Legends

現在大人気バトロワゲームですね!

こちらは画質が向上するとグラフィックメモリを大量に必要なゲームでして、

基本的にグラフィックメモリが少ないGeforce系より、多めなAMDのRadeon寄りのゲームとされています。

とはいえ全体的には快適に遊ぶことが可能という結果になりました。

高画質になると爆発描写などで60fps下回る画面も多々ありますので、

基本は低~中画質設定となりますが、特に問題なく遊ぶことが可能です。

The Division2

大人気ゲームのディビジョン2です。

このゲームはDirectX11と12が切り替えられるのが特徴で、

綺麗さなら12が上ですが、その分負荷が大きいです。

DirectX11および12両方とも低画質設定なら余裕で遊ぶことができました。

が中画質以上になると性能不足からか11ベースでは快適に遊べず、

12ベースになるとエラーで落ちることがあり、正常に遊べません。

とはいえ低画質で最新ゲームが遊べるのは驚きです。

Anthem

NvidiaのDLSS対応のゲームとして有名なAnthemです。

やはり高負荷なゲームです。

GTX1050ti 4Gにて、最低画質であってもフルHDだと、平均49fps。

30fps以上は常に出ているので遊べはしますが、

なんか疾走感にかけちゃうんですよねえ(;゚Д゚)

空飛んだりするゲームなので。もうすこしパワーが必要な印象。

DevilMayCry5

2019年3月に発売された名作ゲームです。

基本的にはゲームの負荷は低めですが、

ゲームプレイ中にちょいちょい挟むストーリの描画が割と負荷がおおきめなのが特徴。

その時の結果となっています。

割と高画質であっても60fps付近を確保できており、問題なく遊べるといって良いでしょう。

アクションフェーズでは最負荷が下がるので、かなり快適です。

GTX1050tiはどういう人におすすめ?

やはり価格と性能が丁度良いコスパグラボとしての力は健在という印象でした。

最新重量級のゲームでも上手にグラフィック調整すれば遊ぶことができるのはすごいです。

ではおすすめか?と言われると限定製品だけおすすめという感じです。

最新世代のGTX1650が性能を超えており、また価格もほとんどのGTX1050tiと大差が無いからです。

唯一、

玄人志向のGTX1050tiか、MSIのローエンドGTX1050tiは価格差があるので、

コストを抑えられるメリットがあります。

ただ今後は性能不足になっていく可能性も高いので、基本的にはGTX1650のほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA