Youtube【こまたろPC】も更新中!

2019年上半期版!Ryzen5 2600のゲーミング性能は?9400Fとの比較も

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

2019年内に第3世代Ryzenの登場があるようで、

ますますIntelとのCPU競争が過熱しそうな予感がビンビンします。

現時点ではRyzenといえばRyzen5 2600が価格と性能的にバランスが良く、

一番の売れ筋になっているようです。

少し前はRyzenはゲーミング性能が弱い印象でしたが、最近はどうなのでしょうか?

最近登場したライバルとなりうるCorei5 9400Fとも比較して検証してみました!

Ryzen5 2600の特徴とは?

今更感はありますがw

Ryzen5 2600は第2世代Ryzenの4つのうち、もっとも下位のCPUになります。

最大の特徴は価格に対するスレッド数の多さです。

 

ライバルとなりうるCorei5に対してコア数は同じですがスレッド数は倍。

またベースクロックではCore™i5 9400Fよりも上と、

スペックではかなり有利に感じます。

ベンチマークソフトで性能を見る

それでは早速Ryzen5 2600の性能をみていきましょう。

比較としてほぼ同じ価格帯となるCore™i5 9400Fを比較しています。

なお今回使用したグラボはRTX2060となっています。

うん、まあ順当な結果といえるでしょう。

シングルコア性能は以前Intel勢が強く、

マルチスコアはスレッド数が多いRyzenが強いです。

問題はグラフィック性能ですが、圧倒的にRyzen5 2600が負けてしまっていますね。。。

この差はかなりのものと思いますが、まあOpenGLベースでゲームすることは少ないのかな。。。

FireStrike

DirectX 11ベースの定番ベンチマークソフトから。

フルHDと4Kの両方で比較します。

フルHDにおいてはCorei5 9400Fが勝っているものの、

正直あまり大差がないなと思います。感覚的にはもう少し差がでるかと思ったのですが。

そして4K。なんとRyzen5 2600のほうが良いスコアを出しているんです。

つまり解像度があがるほどベースクロックとスレッド数の多いRyzen5 2600のほうが良いということかもしれません。

TimeSpy

ではDirectX 12ベースではどうでしょうか?

こちらに至ってもRyzen5 2600のほうが上(;゚Д゚)

まじか。実は9400Fのほうが強いと思っていたのですが、この結果は。。。

今後ゲームはDirectX 12ベースが増えそうですし、

Ryzen5 2600の実力侮っていたかもしれません。

VR Mark

続いてはのVR MarkからOrange Roomです。

このくらいのCPUになるとグラボと併せてVRを考える人も増えてくるのではないでしょうか?

結果はCorei5 9400Fにかなりの差で負けています

ブーストクロックがRyzen5 2600のほうが下なのでそのあたりの影響か?

h3 class=”hh hh17″>FFXV

次はゲーム用ベンチマーク、FFXVです。

設定は高画質とし、フルHD、WQHD、4Kでそれぞれ比較しています。

解像度があがるほどおそらくグラボがボトルネックとなり差があまりありませんが、

フルHDなどではRyzen5 2600は負けています。

ただ同じ快適ですから目に見えた違いはないと思われ、

であればコスパ的に有利なRyzen5 2600のほうが良いかもしれません。

Shadow of Tomb Raider

ここからは実際にゲームを使って実測のfpsを計測していきます。

まずはレイトレーシング対応のゲームShadow of Tomb Raiderです。

フルHD、WQHD、4Kにてベンチマークを走らせ、平均fpsを記載しています。

さすがに4Kになると差がでませんが、

フルHDなどではCorei5 9400Fには若干負けています。

しかしながら60fpsモニターなどでは両者の違いがでませんので、

コストで有利なRyzen5 2600のほうがメリットが大きいように感じます。

Battlefield V

続いてもレイトレ対応のゲーム、バトルフィールドVです。

レイトレ/DLSS ONで計測しています。

平均FPSにてフルHD~4Kまで比較しています。

このゲームにおいてもやはりCorei5 9400Fには若干負けています。

ただ4KになってくるとRyzen5 2600のほうが上に。

グラボがボトルネックになってくると、単純にスレッド数が多いほうが有利なのかもしれません。

FarCryNewDawn

2019年2月に販売されたFarCry5の続編です。

FarCry5はAMDロゴが出ていたのですが、本先は出てこないですね。。。

平均FPSをフルHD~4Kまで比較します。

このゲームに関してはRyzen5 2600の大敗と言って良いでしょう。

どうもCPUのスレッド負荷率を見ると、あんまり上手に使えていないというかムラがあるんですよね。

なのでRyzen5 2600の良さを生かし切れてないのかもしれません。

スレッドが最適化されていないゲームはRyzen弱いですね。

Anthem

続いては3月に発売されたばかりのゲーム。DLSS対応をうたっています。

平均FPS、フルHD~4Kまで計測しています。

いかがでしょう?

私の感想としては2600と9400Fに大差が無かったと思っています。

若干優劣がありますが、誤差範囲内で力は五分五分かと。

個人的な見解ですが、最新ゲームは段々とマルチスレッドに最適化されてきたこと、

またZen+アーキテクチャへの最適化も進んできたのかなあと思っています。

Assassin’s Creed Odyssey

重量級ゲーム代表のアサシンクリードオデッセイです。

このゲームはGPUだけでなくCPUの性能も重要です。

またAMDロゴが表示される、AMDライクなゲームでもあります。

フルHD、平均fpsを記載します。

高画質になるほどRyzen5 2600のほうが劣っているとは言えますが、

正直大きな差は無いかなと思います。

むしろCPU価格差を考えれば健闘していると言えそうです。

またIntel第8世代の8400には圧勝しています。

Ryzen5 2600はどういった人におすすめ?

ゲーム性能で言えばやはりCorei5 9400Fのほうが上かなと思います。

しかしながらゲームや設定によっては大差が無く、

また差があったとしても微差なので価格差から考えても、

Ryzen5 2600のほうがコスパが上と考えます。

さらに2019年登場が予定されている第3世代Ryzenは、

Ryzen5 2600とおなじAM4ソケットのマザーボードを使用できるそうなので、

拡張性や将来性も担保できます。

60fpsモニターを使用するなら価格が安いRyzen5 2600はおすすめできます。

ただZenアーキテクチャよりはメモリがシビアでなくなったものの、

マザーボードメーカーが推奨しているメモリを使うなど、

若干気を遣う面は留意しましょう。

ここがメリット

  • 価格から見てゲーム性能が十分
  • RTX2060(GTX1070ti)相当なら十分性能は引き出せる
  • 現時点のIntelと比べるとコスパが上


デメリット

  • メモリ種類など慎重に選ぶ必要がある
  • 2933MHzメモリは単価が高め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA