GALLERIA RM5C-G60のゲーム性能レビュー&スペック解説 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

GALLERIA RM5C-G60のゲーム性能レビュー&スペック解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)

ドスパラの人気モデル「GALLERIA RM5C-G60」について、

ゲーム性能や構成、オプションパーツについてレビュー&解説をしていきます。

GALLERIA RM5C-G60のスペック


CPU Core i5 10400(6コア12スレッド)
グラボ GTX1660
メモリ 16GB DDR4-2666MHz
容量 512GB NVMe SSD
マザーボード インテル B560 チップセット マイクロATXマザーボード
電源 550W 80PLUS BRONZE
HDD、光学ドライブ 搭載なし
入出力 前面:USB 3.2 Gen1 Type-A x4 背面:USB 2.0 ×4 / USB 3.2 Gen 2 Type-A ×1 / USB 3.2 Gen 2 Type-C ×1
大きさ 幅:約220mm x 高さ:約440mm x 奥行:約480mm
OS Windows 10 Home 64ビット
保証 1年

GALLERIA RM5C-G60はミドルスペック中の低価格路線の構成になったゲーミングPCです。

旧世代のCPUおよびグラフィックボードを利用することで、

価格をかなり抑えつつ、そこそこのゲーミング性能を持っています。

昨今のCPUやグラフィックボード不足の兼ね合いで、実質最安構成のゲーミングPCとなっています。

ゲーム性能は?

※横スクロールできます

GPU RX5500XT 8G RX5500XT 4G RX580 8G RX570 8G GTX 1660ti GTX 1660 SUPER GTX 1660 GTX1650 SUPER GTX1650
プロセッサ数 1408 1408 2304 2048 1536 1408 1408 1280 896
ベースクロック 1670MHz 1670MHz 1257 MHz 1168MHz 1500MHz 1530MHz 1530MHz 1530MHz 1485MHz
ブーストクロック 1845MHz 1845MHz 1340MHz 1244MHz 1770MHz 1785MHz 1785MHz 1725MHz 1665MHz
メモリスピード 14Gbps 14Gbps 8Gbps 7Gbps 12Gbps 14Gbps 8Gbps 12Gbps 8Gbps or 12Gbps
メモリ量 8GB GDDR6 4GB GDDR6 8GB GDDR5 8GB GDDR5 6GB GDDR6 6GB GDDR6 6GB GDDR5 4GB GDDR6 4GB GDDR5 or 6
メモリ帯域 224GB/s 224GB/s 256GB/s 224GB/s 288GB/s 336GB/s 192GB/s 192GB/s 128GB/s or 192GB/s
TDP 130 W 130 W 185 W 150 W 120W 120W 120W 100W 75W
ゲーム 解像度、画質、FPS目安
Apex Legends フルHD 中画質 152fps
フォートナイト フルHD 中画質 220fps
VALORANT フルHD 高画質 280fps
モンハン フルHD 中画質 86fps
Valheim フルHD 中画質 78fps
Tarkov フルHD 中画質 101fps

人気ゲームの画質とFPSの目安です。

搭載されているGTX1660は旧世代のグラフィックボードで、

ミドルスペックに位置する性能です。

ただし最近のGeForce主流であるRTXシリーズから比べると、

低価格路線のグラフィックボードで、フルHDがメインターゲットです。

フルHDであれば最新ゲームであっても60FPS以上で遊べ、

ゲームによっては144Hzゲーミングモニターのフル活用もOKです。

ただし快適に遊ぶには画質設定にムラがあることと、

長期目線でみれば、今後の要求スペックが高いゲームではやや性能不足を感じるかもしれません。

あまり長い間活躍する!というゲーミングPCではない点は留意しましょう。

動画編集やゲーム配信性能は?

※横スクロールできます
※Fは内蔵グラフィック無しモデルです

CPU/APU Core™ i5-11600K(F) Core™ i5-10600K(F) Core™ i5-11600 Core™ i5-10600 Core™ i5-11500 Core™ i5-10500 Core™ i5-11400(F) Core™ i5-10400(F) Ryzen™ 5 5600X Ryzen™ 5 3600XT Ryzen™ 5 3600X Ryzen™ 5 3600 Ryzen™ 5 3500
世代 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 1世代前 1世代前 1世代前
コア数 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6
スレッド数 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12
ベース周波数 3.9 GHz 4.1 GHz 2.8 GHz 3.3 GHz 2.7 GHz 3.1 GHz 2.6 GHz 2.9 GHz 3.7 GHz 3.8 GHz 3.8 GHz 3.6 GHz 3.6 GHz
ターボ・ブースト 4.9 GHz 4.8 GHz 4.8 GHz 4.8 GHz 4.6 GHz 4.5 GHz 4.4 GHz 4.3 GHz 4.6 GHz 4.5 GHz 4.4 GHz 4.2 GHz 4.1 GHz
(L3)キャッシュ 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 32MB 32MB 32MB 32MB 16 MB
最大メモリー速度対応 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200
内蔵グラフィック UHD Graphics 750 UHD Graphics 630 UHD Graphics 750 UHD Graphics 630
TDP 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W

搭載されているCPUはCore i5 10400で、旧世代のIntel CPUです。

旧世代ではミドルスペックに位置しており、価格と性能バランスが良く今も人気です。

ゲーミング性能もそこそこあり、さらにクリエイティブ性能もそれなりにあり、

価格が安いわりに性能が高いので、満足度があります。

ゲーム配信もフルHDであれば特に問題なくできるでしょう。

利用ソフト 15分動画H.264 15分動画H.265
Adobe Premiere Pro 14~15分 14.5~15.5分
Aviutl 17~18分 28~29分

代表的な動画編集ソフトのソフトウェアエンコード時間です。

もちろん、設定や動画によって変化しますが目安として。

最新のCPUと比べるとやや見劣りする性能であることは事実ですが、

十分編集作業をおこなうことができる時間帯だとおもいます。

高速でエンコードしたい!という欲求には対応できませんが、

動画編集デビューぐらいの人にはおすすめです。

また昨今ではハードウェアエンコード対応も普通になってますので、

GTX1660と組み合わせてエンコードすれば、もっと時間を短縮できます。

PCパーツの構成は?

見た目は新規のケースに一新され、かなり重厚で高級感のある見た目になっています。

見た目だけでなく、給排気性能も向上しています。

このゲーミングPCはどちらかといえば省エネで、排熱処理には困り難い構成ですが、

それでも高負荷時にも安定してパフォーマンスを出せるケースとしてポイント高いです。

フロントにはUSBなどアウトプットも用意されています。

マザーボード

ポイント
BTOパソコンとしては平均的

Intelの最新B560チップセットのマザーボードを利用しています。

OEM版仕様で特別高級でも劣っているわけでもないマザーボードです。

CPUクーラー

ポイント
静音性も加味した初期構成でポイント高い

その都度利用されるメーカーは変わるようですが、

静音性を重視したサイドフロー型クーラーが初期構成となっています。

安価重視のゲーミングPCですと、Intel付属のリテールクーラーがよく用いられますが、

なかなかの爆音で気になる人には不快で有名です。

大型サイドフロー型クーラーであれば、冷却性能はもちろん、

低回転で冷却できるため静音性が期待できます。

なおグリスも高品質なタイプにアップグレードできますが、

Core i5 10400の発熱を考えても無理にアップグレードは必要ありません。

メモリ

ポイント
初期構成で必要十分

メモリはDDR4 2666MHzの8GBデュアルチャンネル構成(合計16GB)です。

Core i5 10400の対応メモリは2666MHzですので、

標準どおりのクロック数で、CPU性能の低下の心配はいりません。

また16GBあれば基本的に不自由することはないので、無理にアップグレードする必要はないです。

SSD

ポイント
アップグレードするなら速度よりも容量を

NVMe SSDの512GBが標準装備です。

読込速度 3200MB/s,書込速度 3000MB/sと、

NVMeとしては標準的な読み書き速度ですが、

まだSATA3 SSDが標準なBTOパソコンもありますので、プラスポイントです。

 

容量的には当初は十分ですが、

もし沢山のゲームや動画編集をするならやや容量不足

可能なら1TBのSSDにしたり、追加でHDDをアップグレードすると良いでしょう。

電源

ポイント
電源は可もなく不可もなくだが、特に問題なし

電源は550W BRONZE認証電源を利用しており、

電源容量としては十分です。

ただしもし後々グラフィックボードを上位にアップグレードしたいなら、

上位の650W以上へアップグレードが必要になります。

とはいえCore i5 10400の性能的にあまり上位だとボトルネックになり、

グラフィックボード性能を活かしきれないので、

個人的には今後のアップグレード性は割り切ってしまったほうが安く済むと思います。

無線LAN

無線LANは搭載されていません。有線LANは接続できます。

無線LANの追加も選択できないため、

別途USB型の無線LAN受信機を用意しておくと良いでしょう。

光学ドライブ

DVDなど光学ドライブは付いていません。

アップグレードで付属させることもできます。

GALLERIA RM5C-G60がおすすめな人

こんな人におすすめ!

  • ゲームはフルHDでしか遊ばない
  • 画質は問わないがゲーミングモニターを使ってみたい
  • なるべく予算はおさえたい!
  • 動画編集やゲーム配信は初心者

GALLERIA RM5C-G60は安くゲーミングPCを手に入れたい人に最適な構成です。

フルHDであれば最新ゲームでも遊べますし、

ゲームによってゲーミングモニター利用も可能です。

動画編集やゲーム配信も高スペック!まではいきませんが、

実施することは可能ですので、クリエイティブ作業デビュー!の人にも良いでしょう。

 

ただし1~2年後くらいになると、要求スペックが高いゲームでは性能不足を感じる可能性があり、

またゲーミングモニター利用も要求スペックが低めのゲーム限定など、

多少の不自由は考慮しておく必要があります。

あくまで安さ重視ということを念頭においてください。