MENU
お気に入りのPC
      お気に入りのPCはありません
ゲーミングPC検索

※現在検索はβ版であり、一部のBTOパソコンメーカーのみ検索できます。

ZEFT Z45K

このPCをお気に入りに登録する

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ゲーミングPC基本スペック

ZEFT Z45Kの製品画像 製品名 ZEFT Z45K
価格 350,680円
コスパ 5.0
同価格帯の平均値:6.8
ゲーム性能 7.5
同価格帯の平均値:9.3
動画編集性能 8.5
同価格帯の平均値:9.6
普段動作性能 9.0
同価格帯の平均値:9.7
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、143fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps
パルワールド 最高画質、89fps

※参考値であり保証するものではありません。

レビュー
Intel最新世代のCore i5 14600KFを搭載したゲーミングPC。
日本ではあまり採用しているゲーミングPCが少ないCPUですが、ゲーム性能は相当に高く、前世代から着実にパワーアップしていることもあり、
RTX 4070の性能を活かすには十分な性能で、後々はもうすこし上のグラフィックボードでも十分対応できます。
RTX 4070はWQHDにて高画質高フレームレートを安定して狙える性能で、DLSS3対応ゲームなら4Kゲーミングも狙える性能。
特にウルトラワイドゲーミングモニターとの相性が良いです。
さらに2TBのGen4 SSD搭載も高水準で、32GBメモリでフレームレート安定しやすいのもメリット。
さらに省スペースケースで人気のNR200P MAX採用が最大の魅力で、小型のゲーミングPCを探している人には魅力的。
省スペースPCは価格が高くなりやすいですが、本PCは相当に価格が抑えられているのでコスパは最強。かなりおすすめできます。
ショップ名 seven(セブン) OS Windows11 Home
CPU Core i5 14600KF GPU RTX 4070
メモリサイズ DDR5 32GB メインストレージ 2TB Gen4 NVMe SSD
電源 850W GOLD サイズ 185x292x377 mm
マザーボード ASUS ROG STRIX B760-I GAMING WIFI(-) 光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ USB外付け接続
PCケース Cooler Master MASTERBOX NR200P MAX CPUクーラー ケース付属 専用設計 水冷クーラー 280mm
動作安定性 8.0
同価格帯の平均値:7.4
データ容量 6.0
同価格帯の平均値:4.5
読み書き速度 10.0
同価格帯の平均値:9.6
省スペース性 7.0
同価格帯の平均値:2.9
PCパーツ高級度 6.0
同価格帯の平均値:7.0
省エネ性能 2.5
同価格帯の平均値:1.6
メリット
  • CPUクーラーの初期構成が良く、発熱による性能低下を抑制
  • PCケースが高級
  • メインSSDが非常に高速(ゲームロード時間が短い)
  • メインメモリが多く、ゲームが安定する(特にフレームレート)
  • 最新規格のDDR5搭載で特に動画編集に強くなる
デメリット
  • 同価格帯の他PCと比較するとゲーム性能が結構悪い
  • 同価格帯の他PCと比較するとPCパーツがチープな構成
  • 価格が高め
  • 性能コスパも悪い

同じ価格帯でコスパの近い他社のゲーミングPC

特徴

seven(セブン)が販売するゲーミングPCです。
Core i5 14600KFとRTX 4070が搭載されたハイクラスなゲーミングPCです。
正直なところ、高価な価格帯な上に、コスパも良いとは言えません。
簡易水冷、高品質なPCケースを搭載しており、BTOの中でも高品質な構成となっています。
最新のDDR5規格のメインメモリを搭載していることもポイントです。
今後の主流となる規格ですし、特に動画編集作業において力を発揮します。
CPUがGPUのボトルネックにならず、かつ性能が離れすぎてもいないバランスの良い組み合わせです。
DLSSやレイトレーシング、ゲーム配信など色々なゲーム関連で安定して活躍できます。またRTX 4000の特長であるDLSS3が利用できますので、対応ゲームがあれば飛躍的にフレームレートの向上も。

基本動作の快適性

上位クラスの性能をもつCPUを搭載しており、
WEB閲覧やアプリ起動 オフィスソフトなど普段のPC動作に支障がでることはほぼないでしょう。
マルチタスク動作に影響しやすいメモリは32GBと容量も十分で、 複数のアプリやゲームを開いても安定して動作します。

ゲーム性能について

ゲーミングPCとしてはハイクラス入門的な性能を持っており、かなり快適にゲームが楽しめます。
フルHDはもちろんですが、WQHDからゲームによっては4Kゲーミングも十分に遊べるので、
ウルトラワイドモニターや4Kモニターなど高解像度モニター利用も可です。
もちろんフルHDにて240/360Hzのような超高リフレッシュレートモニター利用もOKです。

また搭載されているグラフィックボードがRTX系のRTX 4070ですので、
DLSS対応ゲームであれば綺麗な画質でより高フレームレートが狙えますし、FSRを利用することも可能。
レイトレーシングを使って、より綺麗な描画でゲームを楽しむこともできます。

その他のゲームに関わる性能

昨今ではメインメモリを多く消費するゲームも登場していますが32GB搭載しているので、
メモリ不足になる可能性は非常に低く、安定してゲームを楽しむことができます。
ゲームのロード時間はPCIe4.0のSSDを搭載しているため最速。
記憶容量はBTOゲーミングPCでは多めの容量となっており、沢山のゲームをインストールすることが可能です。
またDDR5規格を搭載していることも、動画編集ではプラスの要素です。
DDR4に比べて動画編集時間が短縮される傾向にあるため、さらに快適に作業を行えます。

動画編集について

動画編集性能は非常に高い構成になっています。
ソフトウェアエンコードで特に影響するCPUは、エンコードで優秀なCore i5 14600KFを搭載していますし、
RTX 4070と組み合わせたハードウェアエンコードも快適です。4Kなど高解像度編集にも最適です。
ソフトウェアエンコードではCPUの負荷が高まり発熱が多くなりやすく、熱の性能低下が懸念されますが、
本ゲーミングPCではCPUクーラーも高性能で排熱性能にも優れているため、
安定して動画編集をおこなうことが可能です。

その他の動画編集に関わる性能

動画編集ではメインメモリサイズも重要ですが、32GB搭載しているので、
メモリ不足になる可能性は非常に低く、安定して動画編集を行えます。

動画ファイルの読み込みや書き出し時間にはSSDの速度が影響しますが、
本PCでは最速のPCIe4.0が搭載されており かなり快適に編集ソフトの操作が可能です。
また記憶容量はBTOゲーミングPCでは多めの容量となっており、しばらくは動画ファイルの保存には苦労しないでしょう。
だたし後々はより多くの容量が必要になる可能性もあるため、SSD/HDD拡張も念頭に置くのがよいです。

PCサイズとアップグレード性について

ゲーミングPCでは人気のミニタワー相当のサイズになっています。
省スペースと拡張性のバランスを取ったような大きさで、電源容量さえ問題なければ、
グラフィックボードやSSDのアップグレードも容易です。
ただしビデオキャプチャボードやLANやUSB増設といった、
グラボとSSD以外の機能拡張性は難しいので注意が必要です。

0.0
Rated 0 out of 5
0 out of 5 stars (based on 0 reviews)
とても良い0%
良い0%
まあまあ0%
悪い0%
かなり悪い0%

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!