MENU
お気に入りのPC
      お気に入りのPCはありません
ゲーミングPC検索

※現在検索はβ版であり、一部のBTOパソコンメーカーのみ検索できます。

FRGK-B760M/SK2

このPCをお気に入りに登録する

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ゲーミングPC基本スペック

FRGK-B760M/SK2の製品画像 製品名 FRGK-B760M/SK2
価格 219,800円
コスパ 8.0
同価格帯の平均値:7.8
ゲーム性能 5.5
同価格帯の平均値:6.4
動画編集性能 8.0
同価格帯の平均値:7.7
普段動作性能 10.0
同価格帯の平均値:8.3
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、236fps 最高画質、170fps
フォートナイト 高画質、182fps 高画質、152fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、201fps 高画質、192fps
タルコフ 最高画質、121fps 最低画質、143fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps
パルワールド 最高画質、120fpsMAX 最高画質、100fps

※参考値であり保証するものではありません。

レビュー
RTX 4060を搭載しフルHD高画質高フレームレートを安定して狙える性能。
CPUはゲーム性能トップレベルのCore i7 14700Fでグラボに対しては高い性能の構成ですが、ゲーム配信などでより強いです。
こちらはあらかじめゲームに必要なデバイスがセットになっており、ゲーミングデバイスで人気のHyperXブランドのマウス、キーボード、マウスパッド、ヘッドセット、
そしてフロンティアのモニターが一緒になったセット価格で総合的なコスパもかなりの高さ。
初めてゲーミングPCを買う人には特に揃える手間がないのが利点です。
ショップ名 Frontier(フロンティア) OS Windows 11 Home 64bit版 [正規版]
CPU Core i7 14700F GPU RTX 4060
メモリサイズ DDR4 16GB メインストレージ 500GB M.2 NVMe SSD
電源 600W BRONZE サイズ 幅(W):約215mm x 高さ(H):約347mm x 奥行(D):約401mm
マザーボード 不明(不明) 光学ドライブ 無し
PCケース フロンティア オリジナルPCケース CPUクーラー サイドフロー空冷クーラー
PCサプライセット 価格約43609円相当

HyperX Alloy Core RGB ゲーミングキーボード,HyperX Pulsefire Core ゲーミングマウス,HyperX Pulsefire Mat ゲーミングマウスパッド Mサイズ,HyperX Cloud III ゲーミングヘッドセット,FRONTIERFR2450B23.8型狭額縁ワイドLED液晶モニター,HyperX Pulsefire Mat M

動作安定性 6.0
同価格帯の平均値:6.6
データ容量 4.0
同価格帯の平均値:4.1
読み書き速度 8.0
同価格帯の平均値:9.5
省スペース性 6.0
同価格帯の平均値:3.5
PCパーツ高級度 4.0
同価格帯の平均値:5.6
省エネ性能 4.5
同価格帯の平均値:4.4
メリット
  • ゲーミングPCに必要なサプライ一式が初めから揃う
  • 記憶容量が多く、沢山のゲームやデータを保存できる
デメリット
  • ややCPUクーラー性能が弱い
  • 同価格帯の他PCと比較するとゲーム性能が結構悪い
  • 同価格帯の他PCと比較するとPCパーツがチープな構成

同じ価格帯でコスパの近い他社のゲーミングPC

特徴

Frontier(フロンティア)が販売するゲーミングPCです。
Core i7 14700FとRTX 4060が搭載されたハイクラスなゲーミングPCです。
比較的コスパも高めで、また値段も人気の価格帯でバランスが取れたゲーミングPCです。
ややCPU性能のほうが高めで、ゲーミングPCとしてはGPU性能が物足りない構成です。
ただしRTX 4000の特長であるDLSS3が利用できますので、対応ゲームがあれば飛躍的にフレームレートの向上も狙えます。

基本動作の快適性

CPUとしては最上位クラスの性能となっており、
WEB閲覧やアプリ起動 オフィスソフトなど普段のPC動作は快適そのもので、フリーズの心配も少ないです。
特に複数のアプリやゲーム起動時の安定性に影響するメモリは、
ゲーミングPCでは標準の16GBなので、ほぼメモリ不足で動作不安定になることはありません。

ゲーム性能について

ゲーム性能ではミドルクラスで、丁度中間にあたります。
基本的にはフルHDをメインとしたゲームにむいており、ほとんどのゲームで快適な条件でプレイできます。
高画質、高フレームの両方を満たせるゲームも多く、フルHDなら不自由を感じることは少ないでしょう。

また搭載されているグラフィックボードがRTX系のRTX 4060ですので、
DLSS対応ゲームであれば綺麗な画質でより高フレームレートが狙えますし、FSRを利用することも可能。
レイトレーシングを使って、より綺麗な描画でゲームを楽しむこともできます。

その他のゲームに関わる性能

ゲーミングPCでは標準の16GBを搭載しており、基本ゲームで不足することは少ないです。
ただまだ珍しいですが一部ゲームでは16GBで不足を感じる場合もあるため、気になる方は32GBにアップグレードしましょう。
ゲームのロード時間はNVMe SSDを搭載しているため早いです。
記憶容量はBTOゲーミングPCとしては標準的ですが、10タイトル以上は保存することが可能です。
今後不足した地点で増設するか、ゲームを削除するかすれば良いかと思います。

動画編集について

動画編集性能は非常に高い構成になっています。
ソフトウェアエンコードで特に影響するCPUは、エンコードで優秀なCore i7 14700Fを搭載していますし、
RTX 4060と組み合わせたハードウェアエンコードも快適です。4Kなど高解像度編集にも最適です。

その他の動画編集に関わる性能

動画編集ではメインメモリサイズも重要です。16GBはBTOゲーミングPCでは標準仕様で、
基本的には動画編集作業も快適におこなうことが可能です。

動画ファイルの読み込みや書き出し時間にはSSDの速度が影響しますが、
NVMe SSDを搭載していますので、 かなり快適に編集ソフトの操作が可能です。
また動画ファイルを記録する容量はBTOゲーミングPCとしては標準的ですが、
沢山動画編集作業をする予定があるなら、SSDか保存用HDDを別途増設するのが良いです。

PCサイズとアップグレード性について

ゲーミングPCとしては非常に小型で省スペースなのがメリット。

またグラフィックボードも制約はあるものの搭載可能なため、電源容量が問題なければ交換も可能。
SSDの増設もある程度できるため、多少のアップグレード性も担保しています。

0.0
Rated 0 out of 5
0 out of 5 stars (based on 0 reviews)
とても良い0%
良い0%
まあまあ0%
悪い0%
かなり悪い0%

There are no reviews yet. Be the first one to write one.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!