Youtube【こまたろPC】も更新中!

WiMAXの無制限は嘘?終了条件、各社の料金の現状を比較。

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)!

WiMAX2+のウリの一つが無制限プランです。

しかしながら実際は完全無制限というわけではありません。

今回はこの辺りのお話をしていきます。

月は無制限でも特定期間の制限はある

WiMAX2+の無制限というのは月のデータ容量が無制限という意味で、

特定条件下ではデータ容量制限があります。

WiMAX2+データ容量が制限されるケース

  • 3日間のデータ容量が10GBを超えた
  • 4G/LTEモードを使用し、月7GBを超えた


この2つのケースです。

3日間のデータ容量が10GBを超えた

完全無制限にしてしまうと過度な通信が増え、重大なネットワーク遅延のリスクがあるため、

WiMAX2+では3日間で10GB以上になると速度制限になる仕組みになっています。

これによる速度制限は18~2時頃前後に制限がかかるとされ、

朝、昼になると元通りになります。

この制限により、例えばSteamのような、

ゲーム販売サイトから大容量のゲームをダウンロードするのには向いていません。

4G/LTEモードを使用し、月7GBを超えた

WiMAX2+のモバイルルータでは、別途スマホなどと同じ4G/LTE系の通信を使うことができます。

WiMAXの親元であるauの通信サービスを使う感じですね。

そしてWiMAX2+と4G/LTEというのは別回線扱いであり、無制限なのはあくまでWiMAX2+だけです。

4G/LTE通信は月7GB制限になります。

 

逆を言えば、4G/LTE通信を使用しなければこの制限は気にする必要はもちろんありません。

そもそも4G/LTE通信をするには別途オプション料金がかかるので、契約しない人も少なくないでしょう。

ただここで注意したいのが、昨今WiMAX2+のモバイルルータでアピールしている、

公称値の最高速度はWiMAX2+と4G/LTE回線の並列使用を前提にしていることです。

例えば上記はSpeed-Wi-Fi-NEXT-W06の最高速度を得る時の通信方式ですが、

4G/LTE回線をしっかりと仕様していますね。

こういったモードは大体「ハイスピードプラスモード」などで表現されていますが、

このモードを使う場合は月7GBの制限を受けてしまうということになります。

つまり公称値の最高速度を引き出せるのは、無制限プランでも月7GBまでということになります。

 

ですからWiMAX2+を無制限で使いまくる!という場合は、

モバイルルータの最高速度を引き出すのはあきらめなければいけません。

モバイルルータでは3日10GB制限が常識

さて無制限プランと言っておきながら3日10GB制限あるなら嘘じゃん!と思うかもしれません。

まったくその通りなのですが、これはWiMAXに限ったことではなりません。

4G/LTE系のポケットWifiを提供するソフトバンク、ドコモ、Yモバイルも同様の制限があります。

(そもそも無制限プランが無いところもありますが・・・)

なのでモバイルルータでは当たり前のお話になります。

ですから大容量ゲームなどダウンロードを前提としているなら、光回線など固定回線のほうが良いでしょう。

私も普段はゲームを良くするので、それらは固定回線を利用し、

別途外出先用にモバイルルーターを契約しています。

データあたりのコスパが良いのがWiMAX2+

基本的なデータ制限の条件は同じなのですが、コスパは違います。

下記はWiMAX2+を提供するUQ WiMAXと、4G/LTE系を提供するドコモ、ソフトバンク、Yモバイルの料金比較です。

そもそもドコモとソフトバンクは無制限プランが無いのですが、

料金も高めになっています。

例えば7Gプランにおいて、1Gあたりの金額を算出すると、ドコモとソフトバンクは倍近い単価です。

またドコモの30GBプランに合わせて比較しても、WiMAX2+のほうが安いです。

それに30GB換算していますが、WiMAX2+は月は無制限なので、

さらに単価は安くなるわけです。

 

え?でもYモバイルとコスパ一緒では?と思うかもしれません。

確かにUQ WiMAXと比べるとそうなのですが、

UQ WiMAXはYモバイルと違い、沢山の代理店が存在し顧客獲得競争をしています

顧客獲得競争をするということは、それだけ料金がお得になるサービスが多いんです。

ほとんどのプロバイダが、キャッシュバックや月額料金を安くしているため、

Yモバイルよりもデータあたりのコスパは良くなるんです。

3日10GB制限があるなら、無制限プランは意味がない?

一気に沢山のデータ通信ができないなら意味ないじゃん!と思うかもしれません。

確かにゲームのダウンロードなど10GBを一気に超える利用を想定している場合、

モバイルルーターはおすすめしません。

が、そのほかの用途に関しては3日間10GBの影響はほとんど受けないといって良いでしょう。

上記は10GBで利用できることの目安です。

基本的に写真やWEB閲覧、音楽ダウンロードは容量が小さいため問題になりません。

一番問題になるのは動画視聴かと思いますが、

代表的なYouTubeの場合、超高画質でも8時間も見れます。

スマホなどで見る場合のSD画質なら47時間です。

私もYouTubeを見たり作ったりもしているので、良く利用しますが、

基本的にYouTube動画は10分~15分で作られていることが多いです。

ライブ配信でも1~2時間以内が多いので、3日間で10GB超えるのは至難の業でしょう。

たとえ制限がかかったとしても遅くはない

仮に制限がかかったとしても昔のように128kbpsという低速に制限されることがなくなっています。

概ね1Mbps程度を目途の制限となり、この速度はYoutubeなど動画視聴に影響を与えない速度になっています。

つまり、PCゲームなど大容量ダウンロード以外であれば特段問題がないわけです。

スマホゲームもPCゲームと比べると全然容量が小さく300~1GBぐらいなので問題にはなりません。

もちろんネットワーク利用のゲームもOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA