Youtube【こまたろPC】も更新中!

Ryzen3 2200Gをベンチマーク!性能は?コスパは?

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)

Athlon 200GEのベンチマークでもわかったことですが、

エントリー向けAPUではもはやPentiumは負け!って感じが否めませんね。

そこで気になるのがAthlon 200GEの1つ上位にあたるRyzen3 2200G。

早速ですが、Ryzen3 2200Gの性能について検証していきます。

Ryzen3 2200Gのポイント

  • どこまでゲームができる?グラフィック性能は?
  • 基本利用ではintelより上?

Ryzen3 2200Gとは?

コードネームRaven Ridgeで開発され、

最新の「Ryzen」と最新GPUの「Radeon VEGA」が一つになったAPUです。

intelだと内蔵グラフィックスが内蔵されていることも多いですが、

今までのAMDのRyzenシリーズは内蔵グラフィックス非搭載だったので、

明確な違いがあるのがRyzen3 2200Gというわけです。

最大の特長は圧倒的な安さ。

もしゲームやクリエイティブな作業ができる自作PCを組むなら、

グラフィックボードの導入が不可欠ですが、

Ryzen3 2200Gならこのコストが浮くかもしれないってことです。

スペックみてみましょう

それではスペックをみてみましょう。

今回はRaven Ridgeで一つ上位になるRyzen5 2400Gと一つ下位になるAthlon 200GEも一緒に比較します。

まさに中位って感じのスペックですね。価格も丁度良いところつきますなあ。

4コア4スレッドはintelならi3-8100と同等クラス。

スペックを見る感じだと結構よさそうというのが初見ですね。

内蔵グラフィックスはRadeon™ Vega 8 Graphicsです。

ただ初戦はCPUとセットのグラフィックという感じがして、

「本当にゲームできるのかなあ?」と思っています(笑)

Athlon 200GEをベンチマーク!安いけど使い物になるのか!? Ryzen5 2400Gをベンチマーク!グラボ無しでどこまでゲームはできる?

Ryzen3 2200Gをベンチマーク!実力は?

ということで、いよいよベンチマークしていきます。

こちらがRyzen3 2200G。

もはや定番となった〇!ってやつ。

AMDのCPUがコスパいいなあって思うのはCPUファンもちゃんとつくこと。

K付モデルとかだとintelはCPUつきませんからねえ。

Wraith Stealthのファンが付属します。

CINEBENCH R15

まずは基本のCINEBENCH行ってみます!

下位のAthlon 200GEと上位のRyzen5 2400G、またintel勢とも比較します。

CPU Athlon™ 200GE Ryzen™ 3 2200G Ryzen™ 5 2400G Core™ i3-8100 Core™ i5-8400
CPU(Multi) 355 549 780 580 927
CPU(Single) 125 137 131 154 168
OpenGL 35.61 58.36 61.29 計測不可 計測不可

若干っ!Corei3 8100にマルチコアスコアでまけてしまいましたね。

シングルスコアはintel勢が強いのはわかっていましたが、

ちょっと残念です。

ただその分グラフィックは明らかにRyzen3 2200Gに軍配なので良しとしましょう。

 

FireStrike

続いてFireStrikeです。

気になっていたメモリのクロック数でどこまで違いがでるのか?も計測してみました。

比較のために下位のAthlon 200GEと、

Corei3-8100の1050ti搭載のベンチマークを掲載しました。

CPU Athlon™ 200GE Ryzen™ 3 2200G(2667Hz) Ryzen™ 3 2200G(2997Hz) Ryzen™ 5 2400G(2997Hz) GTX1050(with Core i5-8500) GTX1050ti(withCore™ i3-8100)
Graphics 1413 2937 3022 3573 6797 7671
Physics 5421 6775 6856 9870 10090 7846
Combined 481 937 982 1118 2418 2682
TOTAL 1304 2602 2688 3179 6003 6470

Corei3-8100単体だとVRAMエラーで計測不可だったので、

この地点でRyze3 2200Gの内蔵グラフィックスがintel製より明らかに良いのはわかりますが、

気になるのはどこまで良いのかってことです。

Ryzen3 2200Gのグラフィック性能は大体1050tiの4割ほどというところ。

1050tiがPUBGや最新世代のゲームをやるうえで、かなりギリギリのラインを考えると、

Ryzen3 2200Gでは力不足の可能性が高いですね。

CPU性能を測るPhysicsではやはりCorei3-8100に負けています。

下位モデルにあたるAthlon 200GEとは価格差3000円しかないのに、

グラフィック性能は2倍差つけているので、

コスパはAthlon 200GEより上ということです。

Night Raid

3Dマークから新しく登場したDirext12用統合ベンチマークです。

今までDirext12というとTimeSpyが主流でしたが、

単体GPUほど高性能でもない統合型GPUで実行できるということで、

今回はこちらにしました。

CPU Athlon™ 200GE Ryzen™ 3 2200G(2667Hz) Ryzen™ 3 2200G(2997Hz) Ryzen™ 5 2400G(2997Hz)
Graphics 5587 11657 12064 14202
CPU 2795 4184 4172 5354
TOTAL 4858 9193 9397 11380

Athlon 200GEとの差が圧倒的ですね。2倍くらい違います。

価格差を考えるとやはりRyzen3 2200Gはコスパ高そうです。

PC Mark10

次に日常的なPCの快適さを測るべく、PC Mark10を比較します。

どちらかというと今回はこのテストが一番重要かもしれません。

いくらVega内蔵とはいえ、Ryzen3 2200Gの購入ユーザーで、

ばりばりゲームしたいって人は少なそう。(そういう人はグラフィックカード買うと思うので)

どちらかというと、安価でも作業PCとして使えるものって感じな気がしてます。

CPU Athlon™ 200GE Ryzen™ 3 2200G(2667Hz) Ryzen™ 3 2200G(2997Hz) Ryzen™ 5 2400G(2997Hz) Core™ i3-8100(with1050ti)
Essentials 6478 7253 7424 7194 7950
Productivity 5452 6619 6678 6076 6644
Digital CC 2355 3610 3615 3963 4688
TOTAL 3129 3997 4042 3996 4502

結果を見ておどろき( ゚Д゚)

Ryzen3 2200Gがめちゃくちゃいい線いっていると思いませんか?

PC処理の基本性能を測るEssentialsスコアや、

エクセルやワード処理などオフィスソフト処理を想定したProductivityでは、

Corei3 8100に迫るスコアです。

Corei3 8100の価格が14,000円くらいなのを考えれば、

Ryzen3 2200Gのほうが価格における性能はイイってことになります。

また最終的なTOTALテストでも、

1050tiを装備したCorei3 8100に迫るスコアです。

グラフィックボードを必要としないRyzen3 2200Gとしてかなりの大健闘だと思います。

もちろんバリバリ動画編集やゲーム配信!というには力不足ですが、

illustratorや動画視聴などには快適に動作するかと思います。

X264FHD BENCHIMARK

もうすこし動画エンコード性能を比較してみましょう。

今回はX264FHDをテストします。

同コアであるCorei3-8100も21だったので、ほぼ同等の力って感じでしょう。

このスコアは快適?と言われるとそうでもないが、

まあなんとか動画編集をすることはできるという感じ。

もうすこしゲーミング性能を見てみる

私の中でAthlon™ 200GEの結論は見えてきたのですが、

一応ゲーム性能をもう少し見てみます。

ドラゴンクエストX

Ryzen3 2200Gはライトゲームを想定しているので、

比較的軽いドラゴンクエストXベンチマークを比較します。

CPU Athlon™ 200GE Ryzen™ 3 2200G(2667Hz) Ryzen™ 3 2200G(2997Hz) Ryzen™ 5 2400G(2997Hz)
スコア 6146 9726 10251 11061
評価 快適 とても快適 すごく快適 すごく快適

標準画質であれば問題なく動作できるって感じです。

CPUと抱き合わせのグラボでここまででれば大満足です。

FINAL FANTASY XIV紅蓮の解放者

もうおなじみのベンチマークですね。

ベンチマークとしては比較的ライトな分類になります。

標準画質の設定でなんとか快適という感じ。

遊べなくはないので、画質とか気にしない人なら十分だと思います。

PUPGはきつかった・・・

エントリー向けグラフィックボードなどでよくベンチマークをされるのが、

PUPGです。

が、残念ながら最低画質でもRyzen3 2200Gは30fps切ってしまいました。

このゲームでは60fpsはほしいと思うので、ちょっと厳しいですね。

Yakuza0

いつもなら実際にゲームを動かしてFPS計測するのですが、

いかんせん最新ゲームではRyzen3 2200Gはきつい。。。

FirCry5、Tomb Raiderなどなどは最低画質設定でもまず無理でした。

最終的に龍が如く0ことYakuza0にしてみました。

CPU Athlon™ 200GE Ryzen™ 3 2200G(2667Hz) Ryzen™ 3 2200G(2997Hz) Ryzen™ 5 2400G(2997Hz)
FPS 24~31 53~60 57~65 60~68

画質設定は一番低で実施すると、

なんとか60fps付近で遊べる感じです。

メモリの速度について

今回気になっていたメモリの速度によるパフォーマンス違いについて、
すごく差がある!とまではいかないけど、実質fpsでも3~5は違うので、
やっぱりそのRyzenCPUが対応する最高速度のメモリを使うのがよさそう。
Ryzen3 2200Gなら2993Hzってことに。

フォートナイト

ライトなバトロワゲームといえばこのゲームでしょう。

画質を一番低い設定で試してみたところ、通常時はほぼ安定して60fpsをたたき出していました!

中設定にしても59~60fps付近で遊べるのでかなり快適に遊べます。

エースコンバット7

続いてはエースコンバット7です。

PS4メインのゲームだけあって動作は軽めとはいえ、さすが最新ゲーム。

それなりのグラフィックス性能は要求します。

ですが、フルHDのLOW設定にて42~60fps付近を出すことができました!

描画が重いところになるとちょっとfpsが落ち込んでしまいますが、

30fpsゲーミングで問題ないということであれば、快適に遊ぶことが可能です。

Apex Legends

最新バトロワゲームのApex Legendsです。

早くもダウンロード数が驚異の数字となっており2019年人気間違いなしのゲームって言われていますね。

ただ要求スペックはかなり高めです。

テクスチャが最大だとVRAMを8GBも要求するゲームなので、ハイクオリティでやるならハイエンドグラボが必須。

Ryzen3 2200Gだと一番低いグラフィックス設定で、30~47fpsという感じ。。。

また激しい戦闘の描写になると26~28fpsまで落ち込むことも。

対人戦のゲームなので60fps無いとイヤという人には厳しいですね。

モンスターハンターワールド

言わずとしれた名作、モンハンの最新作です。

今回のゲームの中では重さは真ん中くらいといったところでしょうか。

Athlon 200GEでは厳しかったゲームも、

Ryzen3 2200GならフルHD、低画質設定で34~35fpsをなんとか確保

対人戦ではないですし、PS4と同じfpsと考えれば問題なく遊べるといったところです。

FarCry NEW DAWN

こちらは2019年2月に登場したFarCry5の後編の作品です。

ちょっと重量級ですがなんとかできないか検証してみました!

結論としてはフルHDでは低設定でも30fpsを常に下回ってしまうので快適に遊ぶことはできず・・・

しかし1366×768まで画質を落とせば低設定にて34~42fpsで遊ぶことができました!

内蔵グラフィックスでこのゲーム遊べるのだからすごいものです。

まとめ:ゲームには力不足だが、基本作業PCとして

今回Ryzen3 2200Gをベンチマークしてみて、感じたことをまとめます。

デメリット

  • フルHDだとライトゲームなら遊べるが、遊べる種類は制限される
  • 動画編集としてはRyzen5のほうがいい

まずデメリットからあげるとすれば、できるゲームが限られてしまうこと。

内蔵グラフィックスでは十分なのですが、過度に期待するのは禁物。

やはり快適に遊ぶならグラフィックボードは必須です。

でそうなってくるとRyzen3を買うよりはintel製を買うべきでは?ってこと。

現段階ではほとんどのゲームがintel製のほうが良いスコアをたたき出すからです。

また動画視聴や簡単な画像処理なら問題ないけど、動画エンコードになると力不足。

8スレッドあるryzen5 2400Gのほうがいいです。

ここがメリット

  • グラボ無しならコスパ最強!
  • そこそこの色んなPC作業ができる
  • 工夫次第で最新ゲームも何とか遊べる!


しかしながら、グラボ無しとしては圧倒的にintel製よりイイ!

しかも基本PC作業はもちろん、画像処理などの作業なら十分いけるレベル。

これが11,000円で買えるのだから良い時代になりました。

自作PCのコストを抑える上では最良のAPUだと思います。

DeskMini A300が大人気!

Ryzen3 2200Gも搭載できる最近人気のベアボーンキットといえばAsrockが販売したDeskMini A300です。

最近は色々な方がYoutubeでも紹介しています。



155 x 155 x 80 mmと超小型なので場所を取らないのがいいですよね!(こたつPCとも呼ばれている)

個人的には1から考えるのが好きなのですが、

CPUとメモリとSSD(M.2も)があれば完成できる手軽さもあるので、

初めて自作する人におすすめです。(実際初めて自作に買われる方も多いそうで)

もし自作を迷われているなら、これを機会に初めてみても良いかもしれません。

自作楽しいですよ!(*’▽’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA