Youtube【こまたろPC】も更新中!

パソコンをRGBLEDで素敵に光らせる!『LIANLI Strimer24pin』を試してみたよ

こんにちわ!こまたろ( ゚Д゚)です!

突然ですが、わたくしデスクトップPCのドレスアップにハマっています。

中学の頃とか自作PCって正直かなり地味だったわけですが、

最近はAureSyncやらMysticLightSync、RGBコントローラーなどで、

華やかに光らせることができるようになりましたよね。

光る箇所も増えてきて、マザーボード、CPU、GPU、メモリ、PCファンはもちろん、

つい最近SSDの光物が登場。

そしてさらに今回レビューするマザーボードの24pinケーブルを光らせる、

『Strimer24pin』がLIANLIから登場しました!

こりゃ試すしかない!ってことで使ってみましたよ(*’▽’)

まずは外観から

さてほしいと思ったときにはすでに時遅し。

Amazonでは約1カ月の納期待ちに。

秋葉原も見てみましたが置いてあるお店はありませんでした。。。

んでしばらくまってついに。。。

 

きましたーーー!!

待ってたよ~。

欲しいものが中々手に入らないと、余計感動が増しますよね。

ちなみに外箱は光を当てるとオーロラに光ります。

中には説明書と各種ケーブルが入っています。

こちらが24pin電源ケーブル本体ですね。

そして今回の主役であるRGBに光るファイバーケーブルです。

そして気になるのがこちらのコントローラーとそのケーブルたち。

背面スロットに組み込むものですが、何に使用するかはこの後。

接続方法は2種類

LIANLI Strimer24pinの接続方法は「アドレサブルヘッダー」と「専用コントローラー接続」の2つが選べます。

アドレサブルヘッダー

AureSyncやらMysticLightSyncといった機能が付いている、

最新世代のマザーボードにあるコネクタがアドレサブルヘッダー(ADD_HEADER)です。


↑こちら私のASUS Z370 F-GamingのADD_HEADER。ちょっと見えにくいですが一番右の4pin(1pin欠け)のやつです。

この商品の場合進化を発揮するなら、アドレサブルヘッダーかなあって気がします。

AureSyncやらMysticLightSyncなどで、マザボやメモリと合わせて光るので、

まとまっておしゃれな感じになると思います。

専用コントローラー接続

ただアドレサブルヘッダーだけだと使用できないマザーボードも多いので、

その場合付属されている専用コントローラーの出番です。

さっきのケーブル類と接続することで、

背面のボタンから光り方を操作できます。

でも個人的にはクールじゃないなあ。

そもそも背面スイッチって押しにくいし・・・。

さあ!つけてみるぜ!

ということで今回僕はアドレサブルヘッダーで接続します(*’▽’)

さてまずはLEDファイバーケーブルと24pinケーブル本体をドッキングします。

要は24pinケーブルの上にLEDファイバーケーブルを乗せるって感じですね。

さてここで注意!

注意
24pinケーブルのオスメスを確認し、オス側にLEDファイバーケーブルを寄せるて細いほう「写真の□1」のコネクタを接続すること!

まあ正直説明書ちゃんと見ればわかることなのですが、

適当に付けると後々公開することになります。

というのもオス側に寄せないと、24Pinケーブル全体が光っているように見えないためです。

しかもマニュアル写真の1と3の方向も決まっていて、

逆向きに挿そうとするとうまくこていできません。

私は途中でこれに気付き二度手間になりました。

なのでみなさんはくれぐれも私みたいなバカなことはしないように。。。(´;ω;`)
(写真は逆の状態で勧めているものがありますが、接続のしかたは基本かわりません)

まずはLEDファイバーケーブルの大きいコネクタから付けていきます。

ちなみに小さいほうから付けても大丈夫です。

写真のように24Pinケーブル側にアクリルの固定板が用意されているので、

こんな感じで両サイドの真ん中に挿しこみます。

横からみるとこんな感じ。

そして両サイドの固定板を寄せることでLEDファイバーケーブルのコネクタが固定されます。

そのまま途中に固定板が点在していますので、

用意された溝にファイバーケーブルを挿しこんでいきます。

そして逆サイドのコネクタもおなじように、

24Pinケーブル側の固定板をスライドさせて固定します。

ちゃんと固定できていればかなり強く固定されます。

一応ここからでもLEDファイバーケーブルの位置を移動させられるものの、

せっかく固定した固定板が外れたりするので、

LEDファイバーケーブル付ける前に24pinケーブルとの位置関係はしっかりと決めておきましょう。

 

続いてアドレサブルケーブルをつけます。

アドレサブルケーブルはこういうPinタイプのものです。

この製品ではなく、マザーボードに付属していますので、

無くした場合は・・・無念。

アドレサブルケーブルの3Pin側を、LEDファイバーケーブルと接続します。

さて、これで準備ができました!

早速PCに取り付けていきますが、今回の対象PCはこちら。

私のメインPCです。

とにかくギラっギラっしています

いやあ最初は『RGBなんて性能に関係ないっしょ?』

て思ってたんですよ。

でも試しに取り付けてみたら、なかなかよくて。

もっとつけてみよう。こうしたらどうだろう。って色々やっていたら、

いつのまにかRGB中毒者になっていました。

最近は光もの見るとすぐほしくなります。

こちらの記事を見ているそこのあなたもこの気持ちわかるのではないでしょうか。

まずは24pinケーブルを外します。

オス側だけで大丈夫です。

そしてStrimer24pinのメス側と挿しこみ、

Strimer24pinオス側をマザーボードに接続して完了です。

取り付け作業は思ったよりも簡単です。

そしてアドレサブルケーブルを指示通りにマザーボードに接続します。

方向がありますので注意。

4Pin中1Pin欠けてますので、それをヒントに付ければ簡単。

点灯してみます→賛美の光

とりあえずケーブルの整理は後にして早速点灯します!!

電源ポチっとな(*’▽’)。。。

。。。

 

 

きたー!!!!!

じゃん!!!!!

じゃ!じゃん!!!!

どうですかこの美しい光り方。

ケーブルが素敵にドレスアップしました(*’▽’)

もうRGB教としては満足です。

もう少しケーブルを整理してみると、さらにイイ感じ。

部屋電気を消してみると、

ふぉー!!!!!

もう大都会新宿を超えてニューヨークですよ!この光は!

いつまでも見ていたい。辛いことがあった時はこの光を見ながら頑張りたいと思います。

(ちなみに普段はPCモニターの裏側にあるので光が全然見えません)

LIANLI Strimer24pinはおすすめ?

PCのRGB化が大好きな人なら間違いなく『買い』の商品だとおもいます。

そもそも24Pinケーブルを光らせるのは今のところコレだけでしょうし、

取り付けもかなり簡単です。

ただできればアドレサブルヘッダーがあるマザーボードに接続するのがおすすめ。

是非他のRGB対応PCパーツと組み合わせて、

あなたもRGB教になりましょう!!!

追記:グラボの電源もLED化しちゃいました

我慢できなくて買ってしまいました。

こちら。

ちょっと見にくくて恐縮ですが、そうグラフィックボードの電源もLED化しました(*’▽’)

もうできるものは何でもしたくなってきます。

こちらもおなじくLIANLI Strimerシリーズの8pinタイプのもの。

取り回しや接続の仕方は24pinタイプと全く同様です。

ちょっと取り回しがうまくいかなくて見栄えは改善の余地ありなんですが、

とりあえず満足しています。

2019年も引き続きLED系流行りそうなので、今後もいろんな新商品に期待したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA