LEVEL-M056-iX4F-RBXのゲーム性能レビュー&スペック解説 | こまたろPC
Youtube【こまたろPC】も更新中!

LEVEL-M056-iX4F-RBXのゲーム性能レビュー&スペック解説

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)

パソコン工房の「LEVEL-M056-iX4F-RBX」について、

ゲーム性能や構成、オプションパーツについてレビュー&解説をしていきます。

LEVEL-M056-iX4F-RBXのスペック


CPU Core i5 10400F(6コア12スレッド)
グラボ RTX3060
メモリ 16GB DDR4-2666
容量 500GB NVMe SSD
マザーボード ASRock B560M-HDV
電源 700W 80PLUS BRONZE
HDD、光学ドライブ DVDスーパーマルチ
USB入出力 USB 3.0×6(側面×2/背面×4) ,USB 2.0×2(背面×2)
大きさ 190(幅)×410(奥行き)×356(高さ)mm
OS Windows 10 Home 64ビット
保証 1年

LEVEL-M056-iX4F-RBXはミドルスペックのゲーミングPCです。

性能に対して価格のバランスがよく、比較的ゲーミングPCでは安価なほうです。

最近のBTOパソコンは光学ドライブが付属していないことがおおいですが、

このゲーミングPCでは付属しています。

ゲーム性能は?

※横スクロールできます

GPU RTX3090 RTX3080ti RTX2080ti RTX2080 SUPER RTX3080 RTX2080 RTX3070ti RTX2070 SUPER RTX3070 RTX2070 RTX3060ti RTX3060 RTX2060 SUPER RTX2060
世代 最新 最新 1世代前 1世代前 最新 1世代前 最新 1世代前 最新 1世代前 最新 最新 1世代前 1世代前
プロセッサ数 10496 10240 4352 3072 8704 2944 6144 2560 5888 2304 4864 3584 2176 1920
Tensorコア数 328 Gen3 320 Gen3 544 Gen2 384 Gen2 272 Gen3 368 Gen2 192 Gen3 320 Gen2 184 Gen3 288 Gen2 152 Gen3 112 Gen3 272 Gen2 240 Gen2
RTコア数 82 Gen2 80 Gen2 68 Gen1 48 Gen1 68 Gen2 46 Gen1 48 Gen2 40 Gen1 46 Gen2 36 Gen1 38 Gen2 28 Gen2 34 Gen1 30 Gen1
ベースクロック 1400MHz 1370MHz 1350MHz 1650MHz 1440MHz 1515MHz 1580MHz 1605MHz 1500MHz 1410MHz 1410MHz 1320MHz 1470MHz 1365MHz
ブーストクロック 1700MHz 1670MHz 1545MHz 1815MHz 1710MHz 1710MHz 1770MHz 1770MHz 1730MHz 1620MHz 1670MHz 1780MHz 1650MHz 1680MHz
メモリスピード 19.5Gbps 19Gbps 14Gbps 15.5Gbps 19Gbps 14Gbps 19Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 15Gbps 14Gbps 14Gbps
メモリ量 24GB GDDR6X 12GB GDDR6X 11GB GDDR6 8GB GDDR6 10GB GDDR6X 8GB GDDR6X 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 8GB GDDR6 12GB GDDR6 8GB GDDR6 6GB GDDR6
メモリバス帯域幅 936GB/s 912GB/s 616 GB/s 496GB/s 760GB/s 448GB/s 608GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 360GB/s 448GB/s 336GB/s
TDP 350W 350W 250W 250W 320W 215W 290W 215W 220W 175W 200W 170W 175W 160W
ゲーム フルHD時の画質、FPS目安 4K時の画質、FPS目安
Apex Legends 最高画質、270fps 最低画質、167fps
フォートナイト 最高画質、239fps 高画質、282fps
VALORANT 高画質、400fps以上
モンハン 最高画質、150fps 最高画質、78fps(DLSS利用)
Valheim 中~最高画質、129~172fps 中~最高画質、126~202fps
Tarkov 最高画質、120fps 低~最高画質、81~120fps

RTX3060はGeForce最新世代のミドルクラスに位置するグラフィックボードで、

最新世代では最も下のクラスになります(2021年7月現在)

一番下といっても、全世代から比べればミドルクラス上位の性能で、

フルHDではまず不自由はしないでしょう。

144Hzや240Hzのゲーミングモニター利用も容易ですし、

高画質かつ高FPSを狙うことも可能です。

またDLSS対応ゲームであればWQHDの高解像度も遊べるケースもあります。

ただ基本的にはフルHDゲームを前提としたスペックと考えましょう。

なおRTX3060の詳しい検証記事もありますので、参考にしてみてください。

blank【2021年】RTX3060のゲーム性能をベンチマーク!買いか?
DLSSとは?
GeForceが提供する機械学習用コアを利用した描画処理手法。
ゲーム側も対応している必要があるが、利用できれば特に高画質時のFPS向上がみられ、かなり快適に遊べる。
RTX系のみ対応。

動画編集やゲーム配信性能は?

※横スクロールできます
※Fは内蔵グラフィック無しモデルです

CPU/APU Core™ i5-11600K(F) Core™ i5-10600K(F) Core™ i5-11600 Core™ i5-10600 Core™ i5-11500 Core™ i5-10500 Core™ i5-11400(F) Core™ i5-10400(F) Ryzen™ 5 5600X Ryzen™ 5 3600XT Ryzen™ 5 3600X Ryzen™ 5 3600 Ryzen™ 5 3500
世代 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 最新世代 1世代前 1世代前 1世代前 1世代前
コア数 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6 6
スレッド数 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12 12
ベース周波数 3.9 GHz 4.1 GHz 2.8 GHz 3.3 GHz 2.7 GHz 3.1 GHz 2.6 GHz 2.9 GHz 3.7 GHz 3.8 GHz 3.8 GHz 3.6 GHz 3.6 GHz
ターボ・ブースト 4.9 GHz 4.8 GHz 4.8 GHz 4.8 GHz 4.6 GHz 4.5 GHz 4.4 GHz 4.3 GHz 4.6 GHz 4.5 GHz 4.4 GHz 4.2 GHz 4.1 GHz
(L3)キャッシュ 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 12 MB 32MB 32MB 32MB 32MB 16 MB
最大メモリー速度対応 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-2666 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200 DDR4-3200
内蔵グラフィック UHD Graphics 750 UHD Graphics 630 UHD Graphics 750 UHD Graphics 630
TDP 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W 65W

Core i5 10400はIntelの旧世代のミドルクラスのCPUです。

旧世代とはいえ価格と性能のバランスがよくコスパが高いため、現在も以前人気です。

ゲーム性能もそれなりに高く、RTX3060の性能を活かしてくれます。

なおCore i5 10400のレビュー記事もありますので、合わせて参考ください。

blank【2021年上半期】Core i5 10400を性能比較!ゲーム・動画編集は?
利用ソフト 15分動画H.264 15分動画H.265
Adobe Premiere Pro 14~15分 14~15.5分
Aviutl 16.5~18分 28~29分

上記は有名編集ソフトのフルHDにおける編集時間の計測結果です。

6コア12スレッドになるのである程度マルチタスク性能もあり、

動画編集もおこなうことができます。

高速!というほどではないですが、実用レベルでは問題ないです。

またRTX3060と組み合わせてハードウェアエンコードをすれば、より高速にエンコード可能です。

PCパーツの構成は?

ヘアライン加工されたブラックと赤のアクセントが特長の、

パソコン工房オリジナルのケースです。

ミニタワーの大きさになるので、比較的省スペースとなっています。

昨今の中が見える!というタイプではないですが、

BTOパソコンでは通常光らないパーツを使うことが多いので、

デメリットというものではないでしょう。

サイドにはUSBやイヤホンジャックもあり利便性もあります。

マザーボード

ポイント
お手頃重視のメーカー製マザーボード使用

blank
※パソコン工房製品ページより「ASRock B560M-HDV」

ASRock社のASRock B560M-HDVが標準装備です。

OEM版ではなく自作erも利用するマザーボードという点ではさすがハイクラスと思いますが、

マザーボードのなかでは安さ重視の分類に入り、特別高級・高品質というわけではないです。

及第点といったところでしょうか。

CPUクーラー

ポイント
音が気になる方はCPUクーラーのアップグレードを

blank
※Core i5 10400に付属するリテールクーラー

CPUクーラーはCore i5 10400の標準リテールクーラーが初期構成です。

Core i5 10400は発熱が少なく、一応冷却性能は足りているのですが、

如何せん音がうるさいクーラーとして有名です。

そのためなるべく静音が良いという方は、

アップグレードでサイドフロー型クーラーを選ぶとよいでしょう。

メモリ

ポイント
初期構成で必要十分

メモリはDDR4 2666MHzの8GBデュアルチャンネル(計16GB)構成です。

Core i5 10400の対応メモリは2666MHzですので、

標準どおりのクロック数で、CPU性能の低下の心配はいりません。

また16GBあれば基本的に不自由することはないので、無理にアップグレードする必要はないです。

SSD

ポイント
余裕があれば容量のアップグレードを

NVMe SSDの500GBが標準装備です。

昨今のBTOパソコンはNVMe SSDが標準装備になってきているものの、

読み書き速度が速いことはメリットです。

Core i5 10400が利用できる中では最も高速になりますので、

アップグレードするなら容量になります。

沢山のゲームをやる、動画ファイルを保存する予定がある人は、

SSDを1~2TBへ、もしくは追加でHDDを搭載するのがおすすめです。

電源

ポイント
電源容量は余力十二分

電源は700W BRONZE認証電源を利用しており、

本構成の電源容量としてはかなり十分で、アップグレードの余地があるほどです。

ただCore i5 10400のゲーム性能としてはRTX3060くらいまでが限界ですから、

この電源容量を活かせるケースはあまり無いかもしれません。

無線LAN

無線LANは搭載されていません。有線LANは接続できます。

無線LANが欲しい場合は、

アップグレードで機器を付属させることが可能です。

光学ドライブ

LG電子のGH24NSシリーズのDVDドライブが付属します。

アップグレードでブルーレイ対応にすることも可能です。

LEVEL-M056-iX4F-RBXがおすすめな人

こんな人におすすめ!

  • フルHDにてゲーミングモニター利用予定
  • フルHDにて高画質でゲームしたい
  • 価格と性能で丁度中間ぐらいなPCが欲しい

LEVEL-M056-iX4F-RBXはゲーミングPCとしては価格が抑えられており、

かつフルHDではかなり快適な環境を提供できる性能で、コスパが高いゲーミングPCとなっています。

ゲーミングモニター利用でも240Hzのような超高速FPSにも対応できますし、

画質とFPS値の両方を求めることも可能ですから、

フルHDモニターしか利用予定がない人には最適です。

また将来的にもある程度長く活躍できるゲーム性能でもあります。

動画編集やゲーム配信などもそれなりにできますので、

クリエイティブ作業を始めてやるような方にもおすすめできます。