MENU
お気に入りのPC
      お気に入りのPCはありません
ゲーミングPC検索

※現在検索はβ版であり、一部のBTOパソコンメーカーのみ検索できます。またデスクトップのみとなります。

(ストーム)PG-PP12

このPCをお気に入りに登録する

ゲーミングPC基本スペック

PG-PP12の製品画像 製品名 PG-PP12
価格 198,000円
コスパ 7.5
同価格帯の平均値:7.1
ゲーム性能 5.25
同価格帯の平均値:3.8
動画編集性能 5.0
同価格帯の平均値:4.4
普段動作性能 4.5
同価格帯の平均値:4.4
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 WQHD 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、214fps 最高画質、158fps
フォートナイト 高画質、173fps 高画質、145fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、199fps 高画質、184fps
タルコフ 最高画質、116fps 最低画質、209fps
オーバーウォッチ2 最高画質、237fps 最高画質、163fps

※参考値であり保証するものではありません。

レビュー
InteのミドルクラスのCPUにハイクラスのグラフィックボードを組み合わせた構成。
少しグラフィックボード性能に寄った構成ではありますが、CPUのゲーム性能は高いので及第点と言ったところでしょう。
ストームの特徴ともいうべきMETALLICGEAR NEO AIRケースを採用しており、白と黒が選べますし、他社では見られない希少な外見もメリットです。
コスパも相当高いため悪いというわけではないですが、同社ではよりベストな構成が多数あるため、そちらを検討してみるのも良いでしょう。
ショップ名 ストーム OS Windows 11 Home 64bit DSP
CPU Core i5 12400 GPU RTX 3070
メモリサイズ DDR4 16GB メインストレージ NVMe SSD 500GB
電源 850W GOLD サイズ 200 x 460 x 450 mm
マザーボード B660 Micro-ATX DDR4 (-) 光学ドライブ
PCケース MetallicGear NE520A_BW02 CPUクーラー 120mmFAN搭載サイドフロー型空冷式クーラー
動作安定性 6.0
同価格帯の平均値:6.0
データ容量 4.0
同価格帯の平均値:4.1
読み書き速度 8.0
同価格帯の平均値:7.9
省スペース性 4.0
同価格帯の平均値:4.7
PCパーツ高級度 5.8
同価格帯の平均値:4.9
省エネ性能 5.5
同価格帯の平均値:6.0
メリット
  • ゲーミングPCとしては価格が安め
  • 記憶容量が多く、沢山のゲームやデータを保存できる
  • 同価格帯の他PCと比較するとゲーム性能がかなり良い
  • 同価格帯の他PCと比較するとPCパーツがより高級構成

同じ価格帯でコスパの近い他社のゲーミングPC

特徴

ストームが販売するゲーミングPCです。
Core i5 12400とRTX 3070が搭載されたミドルクラスのゲーミングPCです。
比較的コスパも高めで、かつゲーミングPCとしては安価になっているゲーミングPCです。
CPUがGPUのボトルネックにならず、かつ性能が離れすぎてもいないバランスの良い組み合わせです。
DLSSやレイトレーシング、ゲーム配信など色々なゲーム関連で安定して活躍できます。

基本動作の快適性

※CPUの種類によるベンチマーク結果です。
※KFはKをFは無印CPU名を参照基本性能のベンチマークスコアCPUの中ではエントリークラスとなっており、性能は高いわけではありません。
ですがあまりCPU負荷が高くないWEB閲覧やアプリ、オフィスソフト利用なら問題なく、
そこまで不自由することは少ないです。
大容量のオフィスファイルや要求スペックが高いアプリなど利用するときは注意です。特に複数のアプリやゲーム起動時の安定性に影響するメモリは、
ゲーミングPCでは標準の16GBなので、ほぼメモリ不足で動作不安定になることはありません。

ゲーム性能について

※CPUとグラボの種類によるベンチマーク結果です。
※KFはKをFは無印CPU名を参照ゲーム性能のベンチマークスコアゲーム性能ではミドルクラスで、丁度中間にあたります。
基本的にはフルHDをメインとしたゲームにむいており、ほとんどのゲームで快適な条件でプレイできます。
高画質、高フレームの両方を満たせるゲームも多く、フルHDなら不自由を感じることは少ないでしょう。

また搭載されているグラフィックボードがRTX系のRTX 3070ですので、
DLSS対応ゲームであれば綺麗な画質でより高フレームレートが狙えますし、FSRを利用することも可能。
レイトレーシングを使って、より綺麗な描画でゲームを楽しむこともできます。

その他のゲームに関わる性能

ゲーミングPCでは標準の16GBを搭載しており、基本ゲームで不足することは少ないです。
ただまだ珍しいですが一部ゲームでは16GBで不足を感じる場合もあるため、気になる方は32GBにアップグレードしましょう。
ゲームのロード時間はNVMe SSDを搭載しているため早いです。
記憶容量はBTOゲーミングPCとしては標準的ですが、10タイトル以上は保存することが可能です。
今後不足した地点で増設するか、ゲームを削除するかすれば良いかと思います。

動画編集について

※CPUとグラボの種類によるベンチマーク結果です。
※KFはKをFは無印CPU名を参照動画編集性能のベンチマークスコア編集性能としては突出したレベルではありませんが、
エンコードの相性が良いCore i5 12400搭載もあって、それなりに快適な動画編集作業をおこなうことが可能です。
RTX 3070と組み合わせたハードウェアエンコードでもさほど快適性は変わりませんが、動画編集を始めたいという人には十分な性能です。

その他の動画編集に関わる性能

動画編集ではメインメモリサイズも重要です。16GBはBTOゲーミングPCでは標準仕様で、
基本的には動画編集作業も快適におこなうことが可能です。

動画ファイルの読み込みや書き出し時間にはSSDの速度が影響しますが、
NVMe SSDを搭載していますので、 かなり快適に編集ソフトの操作が可能です。
また動画ファイルを記録する容量はBTOゲーミングPCとしては標準的ですが、
沢山動画編集作業をする予定があるなら、SSDか保存用HDDを別途増設するのが良いです。

PCサイズとアップグレード性について

ゲーミングPCとしては非常に小型で省スペースなのがメリット。

またグラフィックボードも制約はあるものの搭載可能なため、電源容量が問題なければ交換も可能。
SSDの増設もある程度できるため、多少のアップグレード性も担保しています。

0
Rated 0 out of 5
0 out of 5 stars (based on 0 reviews)
とても良い0%
良い0%
まあまあ0%
悪い0%
かなり悪い0%
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!