MENU
お気に入りのPC
      お気に入りのPCはありません
ゲーミングPC検索

※現在検索はβ版であり、一部のBTOパソコンメーカーのみ検索できます。またデスクトップのみとなります。

GALLERIA ZA7C-R38

このPCをお気に入りに登録する

ゲーミングPC基本スペック

GALLERIA ZA7C-R38 の製品画像 製品名 GALLERIA ZA7C-R38
価格 339,980円
コスパ 5.0
同価格帯の平均値:6.6
ゲーム性能 7.5
同価格帯の平均値:6.4
動画編集性能 8.0
同価格帯の平均値:7.3
普段動作性能 8
同価格帯の平均値:7.6
ゲームタイトル フルHD 画質/FPS目安 4K 画質/FPS目安
ApexLegends 最高画質、293fps 最高画質、135fps
フォートナイト 高画質、208fps 高画質、123fps
VALORANT 高画質、400fps以上 高画質、400fps以上
モンハンライズ 高画質、208fps 高画質、145fps
タルコフ 最高画質、167fps 最低画質、177fps
オーバーウォッチ2 最高画質、307fps 最高画質、123fps

※参考値であり保証するものではありません。

レビュー
ハイクラス性能のゲーミングPCでも比較的コスパの高い構成となっており、
価格以上の満足度を得られるPCです。
CPUとグラフィックボードのバランスも良く、
排熱対策も及第点となっており、長時間ゲームも安定して遊ぶことができます。
ショップ名 ドスパラ OS Windows 11 Home 64ビット
CPU Core i7 12700K GPU RTX 3080
メモリサイズ DDR4 16GB メインストレージ 1TB SSD
電源 750W GOLD サイズ 220(幅)×440(奥行き)×480(高さ) mm
マザーボード インテル Z690 チップセット ATX マザーボード(ATX) 光学ドライブ 光学ドライブ無し
PCケース ガレリア専用 SKケース (ATX) スタンダード(ガンメタリック) CPUクーラー (水冷式) DEEPCOOL GAMMAXX L240 V2 (RGB対応)
動作安定性 6.0
同価格帯の平均値:7.0
データ容量 4.0
同価格帯の平均値:4.6
読み書き速度 4.0
同価格帯の平均値:8.5
省スペース性 3.0
同価格帯の平均値:2.6
PCパーツ高級度 7.0
同価格帯の平均値:6.7
省エネ性能 1.25
同価格帯の平均値:2.2
メリット
  • CPUクーラーの初期構成が良く、発熱による性能低下を抑制
  • CPUとグラフィックボードの性能バランスが良い
  • 同価格帯の他PCと比較するとゲーム性能がかなり良い
デメリット
  • 価格が高め
  • 性能コスパも悪い
  • 消費電力が高い
  • 同価格帯の他PCと比較するとコスパが結構悪い

同じ価格帯でコスパの近い他社のゲーミングPC

特徴

ドスパラが販売するゲーミングPCです。
Core i7 12700KとRTX 3080が搭載されたハイクラスなゲーミングPCです。
価格としては高級まではいきませんが、性能に対するコスパはそこまで高くありません。
CPUやGPU以外のPCパーツが比較的高品質でまとまっている 点は嬉しいポイントではあります。
簡易水冷を搭載しているのもポイントです。
CPUがGPUのボトルネックにならず、かつ性能が離れすぎてもいないバランスの良い組み合わせです。
DLSSやレイトレーシング、ゲーム配信など色々なゲーム関連で安定して活躍できます。

基本動作の快適性

※CPUの種類によるベンチマーク結果です。
※KFはKをFは無印CPU名を参照基本性能のベンチマークスコア上位クラスの性能をもつCPUを搭載しており、
WEB閲覧やアプリ起動 オフィスソフトなど普段のPC動作に支障がでることはほぼないでしょう。
特に複数のアプリやゲーム起動時の安定性に影響するメモリは、
ゲーミングPCでは標準の16GBなので、ほぼメモリ不足で動作不安定になることはありません。

ゲーム性能について

※CPUとグラボの種類によるベンチマーク結果です。
※KFはKをFは無印CPU名を参照ゲーム性能のベンチマークスコアゲーミングPCとしてはハイクラス入門的な性能を持っており、かなり快適にゲームが楽しめます。
フルHDはもちろんですが、WQHDからゲームによっては4Kゲーミングも十分に遊べるので、
ウルトラワイドモニターや4Kモニターなど高解像度モニター利用も可です。
もちろんフルHDにて240/360Hzのような超高リフレッシュレートモニター利用もOKです。

また搭載されているグラフィックボードがRTX系のRTX 3080ですので、
DLSS対応ゲームであれば綺麗な画質でより高フレームレートが狙えますし、FSRを利用することも可能。
レイトレーシングを使って、より綺麗な描画でゲームを楽しむこともできます。

その他のゲームに関わる性能

ゲーミングPCでは標準の16GBを搭載しており、基本ゲームで不足することは少ないです。
ただまだ珍しいですが一部ゲームでは16GBで不足を感じる場合もあるため、気になる方は32GBにアップグレードしましょう。
記憶容量はBTOゲーミングPCとしては標準的ですが、10タイトル以上は保存することが可能です。
今後不足した地点で増設するか、ゲームを削除するかすれば良いかと思います。

動画編集について

※CPUとグラボの種類によるベンチマーク結果です。
※KFはKをFは無印CPU名を参照動画編集性能のベンチマークスコア動画編集性能は非常に高い構成になっています。
ソフトウェアエンコードで特に影響するCPUは、エンコードで優秀なCore i7 12700Kを搭載していますし、
RTX 3080と組み合わせたハードウェアエンコードも快適です。4Kなど高解像度編集にも最適です。
ソフトウェアエンコードではCPUの負荷が高まり発熱が多くなりやすく、熱の性能低下が懸念されますが、
本ゲーミングPCではCPUクーラーも高性能で排熱性能にも優れているため、
安定して動画編集をおこなうことが可能です。

その他の動画編集に関わる性能

動画編集ではメインメモリサイズも重要です。16GBはBTOゲーミングPCでは標準仕様で、
基本的には動画編集作業も快適におこなうことが可能です。

また動画ファイルを記録する容量はBTOゲーミングPCとしては標準的ですが、
沢山動画編集作業をする予定があるなら、SSDか保存用HDDを別途増設するのが良いです。

PCサイズとアップグレード性について

一般的なゲーミングPCの大きさですが、設置にはある程度のスペースが必要です。
代わりに拡張性は高く電源容量さえ問題なければ、大型のグラフィックボードやSSDを複数個、
ビデオキャプチャボードなどの機能拡張も容易におこなうことができます。

0
Rated 0 out of 5
0 out of 5 stars (based on 0 reviews)
とても良い0%
良い0%
まあまあ0%
悪い0%
かなり悪い0%
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!