Youtube【こまたろPC】も更新中!

AmazonEchoSpotは買いなのか!?画面アリはイイ?使ってみました!

こんにちわ!こまたろです( ゚Д゚)

ついにきたー!!!!!

いきなり叫んですみません。

何事か?って感じですが、ついにきたんですよ。

Amazon Echo Spot』が。

Amazon Echoのときは4か月くらいまたされたので、

まじでAmazonなめてんのか?って思ったこともありましたが、

今回は発売してすぐに届いて大満足!

早速使用してみたのでレビューをまとめてみました!

今までのAmazon Echoと何がちがうの?

Amazon Echoとの違いはずばり液晶画面がついたことです。

しかもタッチパネルです。

前々から『声だけ』は不便だと思っていた

わたくし割とAIスピーカーを家庭に取り入れていて、

googlehomeが2台、amazonechoが1台、スマートホーム化のためNatureRemoを2台所有しています。


主に電気やテレビ、ルンバやスピーカーを声で操作するのに使っていますが、

たまーに情報を検索したりしています。

で、おすすめのお店とかレシピとか聞くと毎回思うんですよ。

情報を声で読み上げられても覚えられない

あとイメージしにくい

いずれはこういったAIスピーカーで情報を検索する時代が主流になるかもですが、

やっぱりまだまだPCやスマホで視覚的に情報を得たほうが便利です。

が、ついに液晶画面がついたわけです。

つまり視覚的にも情報を確認できるので、より利便性があがっているはずです。

Echoとできることはかわらない

『液晶で情報を確認できる』事以外は、EchoとEchoSpotにできる違いはありません。

スマホアプリの『Alexa』から欲しいスキルを追加していくことで、

できることが増えていく感じです。

Echoを持っている人でももちろん併用ができるので、

再設定の必要もありません。

画面確認がいらないことにEchoを、

画面確認が必要なものをEchoSpotという使い方ができるのではないでしょうか?

さあ!試すぞ!Echo Spot

ということでもう待てねえ!

早速開封だ!

こちらが箱の外観。女性がうれしそうですねえ。

後ろにも色々書いてありますが、

そんなことより早く中身みましょう。

おー!ついにEcho Spotが!

エコスポちゃんと名づけよう(`・ω・´)

丸いフォルムで第一印象は『可愛い』って感じです。

ちなみに正面にはカメラがついています。

そうEcho Spotはビデオ通話なんかもできるそうです。

上面には音量ボタンやカメラON/OFF、
背面は電源が差さります。

付属品もシンプル。

Echoと比べるとやっぱり小さい!

かなり小型なので、場所を取らないのはかなりの利点だと思います。

AIスピーカーって結構大きくて、邪魔になることもあるんですよねえ。

Amazon Echoのセットアップ

セットアップは電源を付ければ自動ではじまります。

案内に従えばよいだけなので、基本は問題ないでしょう。

セットアップがやりやすい!

画面が付いたことで、液晶をタッチしてセットアップが進められるようになったことが良そう以上に便利!
以前まではスマホアプリを立ち上げて連携とか必要だったので、断然簡単です。

電源を付けるとEchoのロゴが。

写真では伝わりにくいのですが、予想よりも画面はキレイです。

解像度480×480でも気になりませんね。


するとどんどんとセットアップ手順が表示されます。

  1. 言語を選択
  2. WiFiの選択&パスワード入力
  3. Amazonアカウントにログイン
  4. 位置情報選択

とこんな感じです。

そして最後にソフトウェアアップデート。

しばらく待つと、、、

Echo Spotの紹介動画が流れます。

さっそく液晶の力を使っているねえ。

終わると時計の画面が。

ちなみに横にスワイプすれば、

天気予報など色々な情報を見ることができます。

EchoSpotを使うなら、やっぱり画面の力がつかえることを

例えば、NatureRemoと連携して家電操作したり、

ニュースを読み上げたり、電車や飛行機情報を確認したりと、

EchoでできることはEcho Spotもできるわけなんですが、

音声だけでいいならEchoで十分です。

やっぱり画面の力を使えるスキルをやらないと!

とはいえ初めてのことなので、さぐりさぐり色々やってみましたよ(*’▽’)

動画がすぐ見れる

まず真っ先に思いつくのが『Youtube動画再生して』など動画再生。

今までgoogle homeならgoogle chromeを接続したTV、

AmazonならFireTVに接続したTVなどで動画を再生していたわけですが、

EchoSpotならそれ自体で動画を視聴できました!

まあ画面が小さいのと、

円形の画面のせいで、画面いっぱい表示だと横が見切れるのが難点ですが、

今までよりも格段に便利です。

今回は細かく検索機能はチェックしませんでしたが、

今後は自分好みの動画を声ですぐに再生ができるようになるでしょう。


↑Youtube動画再生

動画レシピと相性がイイ

私がこれを買うときに利用しようと思ったのが動画のレシピです。

音声のレシピもありますが、料理って資格情報も大事だとおもいませんか?

なのであんまりつかえないなーと思っていたのですが。。。

動画レシピを提供する『DELISH KITCHEN』のスキルを使用。

見事料理動画とともにレシピが再生されました!(*’▽’)

ワンダフォー!!!(”ω”)

ちなみにやっぱりフルサイズ表示だと画面が見切れますので、

こんな感じで小型表示で見るしかなさそうです。

まあ確認できるからとりあえずはOK!


↑DELISH KITCHEN
 

ちなみに文章が中心の『クックパッド』スキルの場合は、

料理の完成図画像と、材料と分量が画面で確認できます。

レシピを読み上げるを押下したのですが、なぜか反応しなかった。。。


↑クックパッド
 

EchoSpotなら『DELISH KITCHEN』のほうが便利!

株式情報もなんかかっこよく♪

私はよく特定銘柄の株価情報を聞いたりしています。

音声でも十分なんですが、液晶付くとどうなるのか気になります。

普通に聞いてしまうと、野村證券などの株価情報読み上げが立ち上がり、

音声だけなので意味がありません。

色々試してみて『Quick』が液晶と相性がよかったですね(*’▽’)

御覧のように株価の上下具合が視覚的に見えます。

チャート情報はシンプルとはいえ、

ここ最近の全体的な傾向が視覚的に確認できるのは、より便利になったと思います。

お店や交通検索系はまあまあかな・・・

次に店舗検索や交通情報検索です。

今までは音声データだけなので、ちょっと長い情報言われるとわけわかりません。

まずはEchoSpotに『○○のおいしいお店教えて』など聞くと、

デフォルトで連携される『Hotpepper』。

ごらんのように評価やお店の電話番号、住所が視覚的に確認できます。

それとイイな!と思ったのが、いくつかの候補を視覚的に確認できるところ。

今まで、1番目のお店は・・・とか連呼されて萎えてましたが、

画面で複数の候補を確認してから、聞きたいお店を選べるので、

より自分好みのお店を選択しやすくなった気がします。


↑Hotpepper
 

『食べログ』も同様に視覚的にお店情報を確認できます。

候補の中から選ぶことも可能。


↑食べログ
 

ここが惜しいかな!

音声だけに比べてかなり情報を理解しやすくなりましたが、
欲を言えば、地図情報が見えたり、その他のお店への遷移がもっと簡単ならいいなと思います。

あ、ちなみに検索の制度は『食べログ』のほうが上でした。

次は『ANA』の飛行機情報ですね。

こちらは正直液晶を使う意味は見出せませんでした。

検索は1日先までしかできませんし、

情報として多いわけでもないので。

ただいくつか飛行機の候補が表示されるので、

自分の検索したい搭乗便をチェックする便利さは増しています。

次は宿検索。

『JTBホテル』スキルを使用しました。

やはりホテルの情報が視覚的に確認できることと、

ホテルの雰囲気を写真で確認できることがかなりイイ感じです。

音声だけじゃどんなホテルか全くピンときませんもんね。

最後に電車情報の『JR東日本』もおこないましたが、

こちらは画面には何の情報も表示されず(電車の写真だけ)音声だけだったので、

まだ非対応って感じかな?と思います。

AmazonEchoSpotを使ってみたメリットとデメリットは?

今回は簡単な検証ですが、色々使ってみた内容をまとめます(`・ω・´)

メリット

流行り動画再生ができるようになったことが大きいです。

具体的には、

  • 料理レシピの情報の質があがった
  • 店舗検索のような複数候補から選ぶ作業が楽になった
  • 天気予報が視覚的にわかりやすくなった
  • 大容量の情報でもゆっくりと確認できる

などがメリットではないでしょうか。

音声+視覚になったことで、より情報を取得しやすくなったと思います。

デメリット

次にデメリットや改善してほしいなと思ったところです。

  • スキル側の問題かもだが、液晶画面の力を使いきれてない
  • Amazonが聞いてくるまで次の操作ができないので、遅い
  • 操作命令するための言語が限られすぎ
  • スマホやPCほど画面で操作できることが少ない。情報が限られる
  • 円形の画面なので、全画面で楽しもうとすると見切れる

こんなところです。

特に次の情報を検索したくても、AmazonEchoがむちゃくちゃしゃべるので、

どうしても待ちの時間が発生するのがイヤですね。

操作命令する言語が限られるので、Echoからその言語を聞かなければいけません。

ですがEchoがしゃべっているときに、画面操作しちゃうと音声が止まっちゃいます( ;∀;)

結果ゆっくりと情報検索が進むので、私みたいに短期にはイライラします( ゚Д゚)

とはいえスキル側の対応もこれからという感じがします。

AIスピーカーとして初めて画面を搭載した意義は大きいですし、

今後Lineなども画面付きを予定しているそうですから、

ますまずAIスピーカーの利便性が向上してくるのではないでしょうか。

攻殻機動隊やサイコパスのアニメのような世界は近いかもしれませんね(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA